1. 【クリスマス間近!】社内のクリスマスイベントを最高に盛り上げる3つの提案。

【クリスマス間近!】社内のクリスマスイベントを最高に盛り上げる3つの提案。


 もうすぐクリスマスですね。クリスマスには、社内でクリスマスイベントを開催する企業も多いようです。サンタやトナカイのコスプレ、プレゼント交換などみんなでワイワイするの、楽しいですよね。そこで今回は会社のクリスマスパーティをより盛り上げてくれ、社員同士の中もより深まるゲームを紹介します。

アンケート当てクイズ!

 手順は以下の通りになります。参加者は5人程度のチームを作ってください。


1. ゲームに参加しない社員に対して事前にアンケートを取っておきます。例えば「今年、目立っていた社員」、「今年、契約を多くとった社員」、砕けた内容だと「結婚したい社員」などです。役員の名前もちろんアリです。アンケートの結果をベスト5くらいにまとめておくとよいでしょう。


2. ゲームのやり方は、まずアンケートの結果を5位から順番に発表していきます。このとき、「何のアンケートなのか」は参加者には教えません。


3. ゲーム参加者はランキングの結果から、それが何のアンケートなのかを当てます。時間内にチーム内のメンバーが全員正解すれば満点、正解できなかった人の数ごとに減点し、得点を決めます。


4. これを何度か繰り返し、得点の多いチームが優勝となります。


このゲームのメリット

 このゲームの中では「○○さんはいつも~~を頑張っている人だ!」や「■■さんは趣味のゴルフがプロ級らしい!」といった「社員に関する情報」が飛び交います。これは結果的に社員同士がお互いを知ることになります。普段、業務に集中してしまう人は社内の交流も希薄になっていきます。このゲームをすることによって社員の顔と特徴が分かるため、社内で会った時にも会話が弾むようになります。

これは何の数字でしょうクイズ!

 これも上のゲームと似たような内容ですが、数字の内容を当てるものです。


ネタとしては「今年度の会社の売り上げ」、「従業員数」、「創業年数」などの会社に関する内容や「営業部長○○さんの年齢」、「事務の○○さんのスリーサイズ(きちんと本人の了承を得てください)」など砕けた内容を用意すると盛り上がります。


このゲームのメリット

 例えば、会社の開発などを任されている人たちにとって経営に関する数字は、通常の業務からは遠い存在です。そのような人たちにとって今自分が働く会社がどのような立ち位置にいるのかという情報は新鮮です。ゲームを楽しむこともでき、自分の会社を社員に知ってもらうという一石二鳥のゲームです。


絵心があるのは誰だ?ゲーム

 これはデザイナーさんが多くいる会社でやると盛り上がります。手順は以下の通り。


1. 紙と色ペンを用意します。また、参加者は数人一組のチームになります。


2. 参加者に対してお題を出します。例えばクリスマスなので「クリスマスツリー」や「サンタさん」など。この時、デザインのコンセプト(スタイリッシュな、クラシカルな、ポップな、など)も付け加えると、高度なゲームとなります。


3. 制限時間内にテーマに関して絵を描いてもらいます。


4. 完成した絵に対して、講評をし、どの絵やデザインが一番良かったのかを決定します。


このゲームのメリット

 このゲームは上とは逆に、営業の人が会社の製品がどのようにデザインされていくのかを知ることができる機会になります。また、デザイナーの方も、自分とは違う目線の方たちの意見を聞くことができます。各チームとも、工夫にあふれた作品が仕上がること間違いなしです。極端に絵が下手なチームがいても、それはそれで盛り上がります。


クリスマスだからこそ楽しいことを!

 上で紹介したゲームは、クリスマス以外にもできる内容です。しかし、クリスマスの時期はみんなの気分も高揚するため、普段よりも間違いなく盛り上がります。


 チーム分けの際はいろいろな部署の方が混ざるようにすると、これらのゲームの効果を最大限活かすことができます。上で挙げたクイズの内容も、各部署の人材が活躍できるような題材にすれば社員の自信にもつながります。


 実はこんな簡単なゲームでも、作りこめば会社にとって非常に良い効果を得ることができます。社内のコミュニケーションが不足していると思う方や、いろいろな部署の方と仲良くなりたいと思っている方、是非このクリスマスという大きなチャンスを利用してみてはいかがでしょうか。


 それぞれの企業に特化したゲームを考えるのも面白そうですね。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する