1. 【仕事中はコーヒー以上に紅茶が良い!?】集中力アップに効果的な驚くべき紅茶の力

【仕事中はコーヒー以上に紅茶が良い!?】集中力アップに効果的な驚くべき紅茶の力


 コーヒーと紅茶を比較してみると、やはり日本人はコーヒーを好む人が多いというデータをよく見ます。単に、味が好きだからというのが大きな要因だとは思いますが、カフェインの効果を期待してコーヒーを飲んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな人気飲料であるコーヒーに対し、紅茶の効能はあまり一般的には知られていないように思えます。しかし、紅茶には驚くべき効果があったのです。

L-テアニンとカフェインのコンビで集中力アップ

紅茶に含まれているL-テアニンとカフェインは、学習や仕事などへの集中力を高める効果が
あることがわかっています。

出典: 紅茶で集中力がアップできるってホント? - 家庭教師【ノーバス】

 コーヒーにもカフェインは含まれていますが、L−テアニンというアミノ酸は含まれていません。この両成分が紅茶には含まれており、この2つの成分を同時に摂取することによって、集中力を高める効果が発揮できるようです。

リラックスすることによって得られる集中力

紅茶を飲む前と飲んだあとで、精神的に違いがあるかどうか、脳波を調べた実験報告があります。それによると、紅茶を飲んだあとのほうが、精神的にリラックスしていることが認められました。しかも紅茶の香りをかいだ時点ですでにリラックス効果が表れていることがわかりました。

出典: 紅茶の効能について

 紅茶やハーブティーなどは、リラックスタイムを与えてくれる代表的な飲料です。カフェインの作用と相対しているように思われますが、効能が相殺するようなことはないので、結果的にリラックスと集中を同時に感じることができるのです。さらに、リラックスすることは脳を落ち着かせるということなので、焦ってしまって集中できなかったり、仕事内容がこんがらがってしまったときに集中力を与えてくれるのです。

 
 2つのベクトルから集中力が上がり、それでいてリラックスもできる。まさに万能とはこのことなのではないでしょうか。

まとめ

 コーヒーのカフェインの効果も集中力を高める作用はあります。しかし、紅茶はそれに加えてL-テアニンが含まれているので二重の効能を得ることができるのです。さらに、紅茶はリラックス効果も認められていて、リラックスすることによって頭の回転を良くするという意味合いでの集中力アップも見込めるので、これはもう紅茶には期待せざるを得ません。


 職場でコーヒーを飲んでいる人は紅茶も是非試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード