1. プログラミング初心者が短いステップで成長していくためのオススメの勉強法は「短期集中→継続」

プログラミング初心者が短いステップで成長していくためのオススメの勉強法は「短期集中→継続」


 「プログラミングを短期間で習得したい!」という初心者の方も多いのではないでしょうか。プログラミングを短期間で修得するためには、環境や時間などの条件も必要ですし、やり方もかなり重要になります。ここでは、初心者の方が短期間でプログラミングできるようになる勉強法を紹介していきます。

まず、環境を整えることが大切

他のものに邪魔されない集中できる環境を作る

 プログラミングを短期間でマスターするためには、とにかく集中してプログラミングだけに取り組む時間が必要となります。そのために基本的に何も他にすることがない日にちを数日間開ける必要があるでしょう。なかなか難しいという場合でも、数時間は集中してプログラミングする時間を作るようにしましょう。

周りに相談できる人がいると良い

 独学で学習を進めてしまうとなかなかプログラミングというものは身につかないものです。行き詰まった場合、周りに相談できる人を配置しておくのもよいでしょう。

効率のよいプログラミング勉強法とは?

参考書は2日で終わらせよう!

 プログラミングの場合、一つ一つのコマンドや動作は独立しておらず、何かしらの関係を持っていることが多いのではないでしょうか。そのため、学習をこまめに区切って行うというよりも、一気にまとめて全てのことを網羅する学習が効率的と言えるでしょう。参考書を購入して勉強する際もとにかく一気に終わらせる勢いで進めていく必要があります。

「作りながらマスター」が1番の学習法

 一気に学んでも、その後使わないとせっかくの知識もどんどん忘れていってしまいます。継続して学び、さらに発展的な内容にもチャレンジしたい場合、1番のおすすめは、Webサービスやアプリを開発し、その中で自分の知識を深めていくという方法です。サービスやアプリを作ることで、継続して学ぶことができますし、成果物ができるのでモチベーションを維持することもできるでしょう。






 プログラミングをマスターするためには、一気に基本的な部分を学び、継続して発展した内容を学ぶことが1番の方法と言えるのではないでしょうか。プログラミングをマスターすると、様々な可能性が広がっていくと思うので、ぜひこの学習法でプログラミングをマスターしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する