1. 「継続率は驚異の92%」- 日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」が多くのユーザーから愛されるワケ

「継続率は驚異の92%」- 日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」が多くのユーザーから愛されるワケ


 アメリカを中心として普及してきたサブスクリプションコマース(定期購入サービス)。その流れは日本にもやってきて、現在様々な種類の定期購入サービスが生まれていますが、その中でも今回は日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」に焦点を当てて、その魅力を紹介していこうと思います。

継続率は驚異の92%

 SAKELIFEは「ブームや知名度に依存せず、日本中の美味しい日本酒をもっと知ってもらいたい!」という思いから生まれたサービスです。送られてくる日本酒は千葉県の老舗酒屋の二十五代目高橋正典さんが厳選したもののみです。そのため居酒屋には置いておらず、滅多に出会うことのない日本酒と出会うことができるのです。


 継続率は驚異の92%という数字を出しており、「日本では定期購入は、あまり定着しないのでは?」という声もチラホラありましたが、そういった声を全て掻き消すような数字になっています。SAKELIFEは、なぜ継続率92%という数字を出すことが出来たのでしょうか?

1. 日本酒コンシェルジュの実施

 SAKELIFEは「日本酒コンシェルジュ」として日本酒に関する質問・疑問・意見に関しては全て答えるようにしています。例えば、「熱燗・冷酒のどちらで飲んだ方が美味しいのか?」「日本酒に合うおつまみって何かある?」といった質問に対し、丁寧に答えてあげることでユーザーのサービス満足度が上がっていくのです。


 「日本酒コンシェルジュ」を行い、ユーザーの信頼は厚くなっていった結果、「SAKELIFEでなければ嫌だ」というようなロイヤルカスタマーになっていくのです。

2. 定期イベントの開催

 またSAKELIFEは定期的にユーザーのオフ会やイベントを開催しています。定期的に日本酒を届けるだけでなく、実際に利用しているユーザーと顔を合わせることで、新しい繋がりも生まれていくのです。


 日本酒を購入する以外にも楽しみを付けてあげることで、SAKELIFEでしか味わうことのできない特別感が演出されます。そうすると「SAKELIFEが良い」という感情をユーザーが自然と抱くようになり、継続してサービスを使ってくれるのです。

3. 隔月で「酒器」が届けられる

 SAKELIFEはお猪口(ちょこ)、徳利(とっくり)、燗つけ器などの「酒器」を隔月で届けてくれます。また日本酒は、お酒の味や香りもお猪口によって変わるといわれているため、その説明がされてある文書も一緒に送ってあげることで一人で家で飲む際の楽しみにすることができるようになるのです。



 「ブームや知名度に依存せず、日本中の美味しい日本酒をもっと知ってもらいたい!」という思いのもと、ユーザーはどうしたら日本酒を美味しく、そして楽しんで飲んでもらえるのだろうと常にユーザー目線で考えることが継続率92%という数字を出せたのではないでしょうか。最近トレンドになりつつある「日本酒」ですが、SAKELIFEのようなアツい思いを持ったサービスがあったからこそ、日本酒の良さを多くの人に知ってもらうことができたのでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する