1. 【デキるサラリーマンは相手の時計をチェックする】相手を唸らせる、シーンに合わせた最適な時計の選び方

【デキるサラリーマンは相手の時計をチェックする】相手を唸らせる、シーンに合わせた最適な時計の選び方


 多くのビジネスマンにとって「腕時計」は身につけておかなければならないアイテムの一つと言えるでしょう。ただ、シーンに合わせた時計の選び方は出来ていますか?


 この記事では、シーンに合わせた最適な時計の選び方を紹介していきたいと思います。

商談・打ち合わせなどに行く場合

 まず商談や打ち合わせに行く際に選ぶと良い腕時計を紹介いていきたいと思います。こういう場合の腕時計は文字盤の色は白、黒色の革バンド、そしてケースはラウンドのシンプルなものにすべきでしょう。


 その人と初めて会う際に、目立った時計をしていくと第一印象は悪くなってしまうでしょう。商談や打ち合わせなどに行く際が、シンプルかつ一番ベーシックな時計を選ぶと良いでしょう。

特に人と会う予定もなくオフィスに1日いる場合

 特に人と会う予定もなく1日オフィスで作業をしているという場合は、あまり気にすることなく金属などのブレスレットがついた腕時計をしても良いでしょう。


 ただ入社して間もない新人が、そのような時計をしていくと上司から何か言われることもあるかもしれないので注意が必要です。

カジュアルシーンでは個性を出す

 逆にオフタイムのカジュアルシーンでは個性を出すような腕時計を選ぶべきです。普段とは違い、存在感のある時計を選んでみると良いかもしれません。オンとオフの切替がハッキリつけられる人は人間的な魅力もアップするため、誰も見てないからと気を抜かず、オフの時も腕時には気を配るようにしましょう。


 オンの時の時計だけではなく、オフの時の時計もしっかりと選ぶと今までとは違った印象を与えられます。

会社のイベント時などは見やすさ・操作性重視で!

 会社のメンバーでBBQや旅行など1年を通して幾つかイベントがあると思います。そういったイベントごとでは、見やすさ・操作性を重視した時計を選ぶべきでしょう。


 様々な機能のついた時計をすることで、何かあった際にも役に立つので重宝すると思います。



 いかがでしたでしょうか?常に同じ時計をするのではなく、シーンに合わせて時計を使いわけることで、上司に「こいつデキるな」と思わせることができるのです。ぜひ、ここで紹介したようにシーンに合わせて時計を選ぶようにしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する