1. 「本当にこの選択で良かったのだろうか?」と決断に迷ってしまう人におくる、背中をポンと押してくれる言葉5選

「本当にこの選択で良かったのだろうか?」と決断に迷ってしまう人におくる、背中をポンと押してくれる言葉5選


 人は日々の生活や仕事の際、必ず何かしらの決断をして過ごしています。時には、自分の人生を変えるような大きな決断をしなければならない時もあるでしょう。そういった際、「本当にこの選択で良かったのだろうか?」と悩んでしまうこともあると思います。


 ここでは、そういった際に背中をポンと押してくれるような言葉を紹介していきます。

自分の心と直感を信じる


最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

出典: スティーブ・ジョブズの名言 厳選集 - 名言DB

 これはApple創業者であるスティーブ・ジョブズが残した言葉です。何か決断しようとした際、他の人から色々と言われることもあるでしょう。しかし、その言葉をもとに何かを決断しても、納得いくものにならず後で後悔することのなります。


 そうではなく、他の人の言葉は参考程度に止めておき、自分の直感を信じて決断すれば良いのです。自分の直感というのは、すでにやりたいことを知っていたかのような良い選択をしてくれます。人の言葉に流されず、自分の心や直感をもとに決断をすれば良い結果になるでしょう。

遅すぎる決断に何の意味もない


遅すぎる決断というのは 決断をしないに等しい。

出典: 孫正義 名言 - 遅すぎる決断というのは決断をしないに等しい。 - Fesh

 ソフトバンク創業者である孫正義氏の言葉ですが、遅い決断は決断をしていないことと同じであると述べています。「本当にこれで良いのだろうか?」と頭を悩ませ、決断を先送りにしてしまう人も多いですが、それは結局のところ決断をしてないのと同じなのです。


 より良い選択をしようと迷っているのであれば、その時点で自分が良いと思ったものを選び、それを正解に導いていくことが大切なのではないでしょうか。決断は常に即断即決が求められます。

勇気を失ったら全てが終わる


金を失っても気にするな。名誉を失っても、まだ大丈夫。でも、勇気を失ってしまったら全て終わりだ。

出典: チャーチルの名言・格言集。危機のリーダーの言葉 | 癒しツアー

イギリスの政治家であり第二次世界大戦時に首相を務め、イギリスを勝利に導いたウィンストン・チャーチル氏が残した言葉がこれです。人は選択を失敗することで何か失うことを恐れていますが、その失ったものは意外と無くても大丈夫なものだったりします。


 それよりも大事なものは、それを恐れてしまい挑戦していく勇気を失ってしまうことです。金や名誉を失うことを恐れてはいけません。

していない後悔は日に日に大きくなる


したことの後悔は、日に日に小さくすることができる。していないことの後悔は、日に日に大きくなる。

出典: 林真理子 名言集 林真理子 ブログ あれもこれも日記

 時には選択を失敗して、「こっちを選択しなければ良かったな」と後悔することもあるでしょう。しかし、その後悔は日に日に小さくしていくことができます。しかし、自分が興味のある方ではない方を選択して「あっちを選択しておけば良かった」と思う後悔は、なかなか消えることはありません。


 そうなってしまわないように常に自分が良いと思うべき方を選択するようにしましょう。

自分と未来は変えられる


他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。

出典: エリック・バーンの名言 - 地球の名言

 カナダ出身の精神科医・心理学者であるエリック・バーンが残した言葉がこちらです。自分自身の人生を変えられるのは、自分の選択でしかないということを分からせてくれるような言葉となっています。


 後ろではなく、前だけを見て選択することを心がけていきましょう。そうすれば、自分の未来を変えていけるような選択ができるはずです。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する