1. 【Windowsユーザー必見!】仕事の効率化に役立つ「ctrl+」を使った便利なショートカットキーまとめ

【Windowsユーザー必見!】仕事の効率化に役立つ「ctrl+」を使った便利なショートカットキーまとめ


 Windowsでの作業効率を高める手段として、「Ctrl+〇〇」を使ったショートカットがあります。ここでは、意外と知らない「Ctrl+〇〇」のショートカットを紹介していこうと思います。果たしてどのようなものがあるのでしょうか?

押さえておきたい定番のショートカット3つ


「Ctrl+A」ですべて選択

 カーソルを動かして全部選択しようとすると漏れが生じてしまい、上手くいかないということがありますよね。そんな時に使いたいのがこのショートカットキーになります。このショートカットキーを使えば一気にすべての範囲が選択することができます。

「Ctrl+C」で文章をコピー

 利用している人も多いと思いますが、このショートカットキーを使うことで、右クリックする手間を省くことができます。

「Ctrl+V」でコピーした文章を貼り付け

 コピーと合わせて利用したいのがこちらのショートカットキーです。このショートカットキーでは、コピーや切り取りを行った文章を貼り付けることができます。

まだまだある便利な「Ctrl+〇〇」のショートカット


「Ctrl+X」で文章を切り取り

 コピーでは文章が残りますが、このショートカットキーでは、文章を切り取る事ができます。文章を買いている時に順番を入れ替えたいときに使えるコマンドなのではないでしょうか。

「Ctrl+選択」で複数選択

 離れているものをいっぺんに選択したいがあるのではないでしょうか。そんな時はCtrlキーを押しながら選択してあげると、ドラッグで選択できない離れた位置にあるファイルも複数選択することができます。

「Ctrl+←もしくは→」でアドレスの区切りごとにカーソル移動

 Webサービスなどで、元ページに行きたいという時などに役立つのがこちらのショートカットです。スラッシュ(/)やハイフン(-)など、区切りごとにカーソルを動かすことができ、そこから範囲選択をすれことが可能となります。

Wordで使える「Ctrl+〇〇」のショートカット


「Ctrl+Z」で元に戻す

 一回やってみて失敗した時に戻すことができるのがこのショートカットキーです。いちいち矢印の部分までカーソルを持っていく時間が短縮できるでしょう。

「Ctrl+D」でフォントの書式設定

 このショートカットキーを押すと、フォントの書式設定の画面が表示され、一括して様々な設定ができます。

「Ctrl+L」で右揃え、「Ctrl+E」で中央揃え

 こちらの設定はわざわざツールのところまで行ってやっていたという人も多いのではないでしょうか。これもCtrlキーを用いたショートカットで簡単に時間の短縮が可能です。





 左と右の端っこにあるCtrlキーですが、様々なショートカットにより時間を短縮することが可能です。ぜひショートカットを覚え、仕事の効率化を図ってみてください!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する