1. デキる人はやっている!効率のいいビジネス書の選び方とは?

デキる人はやっている!効率のいいビジネス書の選び方とは?


 自分にあった「これだ!」というビジネス書を見つけるのはなかなか難しい作業だと感じている人も多いのではないでしょうか。ここでは、自分に合った内容のビジネス書を探すための方法について説明したいと思います。

やってはいけない本の選び方

タイトルや表紙のインパクトで買ってしまう

 表紙やタイトルのインパクトに押されて本を購入してしまうということが多いのではないでしょうか。タイトルや表紙は本の導入という部分では確かに参考になることもあるでしょう。しかし、タイトルで書いてあることが本の実際の内容であるかは読んでみないとわかりません。ビジネス書を選ぶためには、本の内容が重要なのではないでしょうか。

ランキングが上位の本だから買う

 ランキングを見て「多くの人が読んでいるのだからこれにしよう」という理由で本を選ぶ人も多いでしょう。しかし、多くの人が読んでいるからといって、自分に合っているとは限りません。自分に合っている本はどういうものなのかを深く考える必要がありそうです。

いい本の選び方とは?

「共感出来る人」にのっかろう

 おすすめしたい本の選び方ですが、共感出来る人がオススメしている本を購入するという方法があります。一見、ランキングやタイトルで選ぶ方法と変わらないと思われがちですが、共感出来る人は自分と同じ感性やライフスタイルの人が多いので、自分にもフィットする可能性が高まります。

本の内容や概要を読めるWebサービスを有効に使おう

 本の概要やまとめなどを掲載してくれるWebサービスが存在します。これらを有効に使うという手段もあります。例えば、「Flier」というサービスでは、話題の本だけでなく、著名人がおすすめした本の要約を毎月20冊分読むことができます。「bookvineger」というサービスでは、メディアに取り上げられた本の要約を読むことができます。これらのサービスではビジネス書の要約を読むことができますが、どのように自分の日常に活かすのかという部分はなかなか要約ではわからない部分も多く、気になった本は実際に買って読む必要があるといえるのではないでしょうか。


本の要約サイト Flier

http://flierinc.com/


ビジネス書の書評・要約まとめサイト bookvineger

http://www.bookvinegar.jp/






 ビジネス書はただ読むだけでなく、実際の自分の業務に活かさなければ意味がありません。そのためには、自分に合った本を厳選し、役に立つ本だけを効率よく読む必要があるのではないでしょうか。あなたの読書がムダにならないためにも、今回紹介した方法をおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード