1. 朝活をしたい人必見!毎朝バッチリ目を覚ます方法3選

朝活をしたい人必見!毎朝バッチリ目を覚ます方法3選


 有名な起業家が朝活をしているという話を聞いてやろうと思ったけど、なかなか早起きするのはつらい…そう思っている人もいるのではないでしょうか。早起きは少しの工夫で簡単にすることができるようになるでしょう。ここでは、早起きをするための方法を紹介していきます。

1.最低でも0時から2時の間は寝るようにする


 0時から2時の間はゴールデンタイムと呼ばれる睡眠の質が1番高まる時間帯です。この時間に眠ることで、良質な睡眠が確保できると考えられます。また、寝る時間をしっかりと定めることで、ある程度の睡眠時間の確保にも繋がり、結果的に早起きが出来るようになるのではないでしょうか。

2.アイマスクなどを使い目隠しをして寝る

 アイマスクを使って寝るのも効果的な手段の1つといえます。周りを限りなく暗くすることで深い眠りがもたらされますし、朝、アイマスクを外した時に日光や周りの光が一気に入ってくることで目覚めることが出きるそうです。

3.睡眠のサイクルに合わせて起きる

 睡眠にはサイクルが有り、深い眠りと浅い眠りが交互に繰り返されています。浅い眠りの時を狙って起きるようにするとスムーズな目覚めに繋がるようです。また、最近では、体の動きによって睡眠の深さを判断し、浅い眠りの時に合わせてアラームを鳴らす目覚ましアプリもあります。有効に活用してみてはいかがでしょうか。




 なかなか目覚めるのがつらいという悩みも、睡眠時の工夫やアラームに工夫をすることで改善していくことができるのではないでしょうか。早起きをして朝活ができるように取り組みましょう。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する