1. 1日5分でできる「4行日記」という新習慣:日記は面倒くさいけど、効率よく日記の効果を得たい人へ

1日5分でできる「4行日記」という新習慣:日記は面倒くさいけど、効率よく日記の効果を得たい人へ

by Lost in Anywhere
  日記をつけることによるメリットはたくさんある。日々の経験を振り返りアウトプットすることによって、自己の成長や計画性の向上などが身につき、なにより“継続する”ことで自分に自信を持つこともできる。しかし、そのようなメリットが分かっていながらもなかなか続けられないのが人間だ。その大きな原因はやはり面倒臭さだろう。

  その日一日を振り返り、その内容書き記すという行為は意外と時間がとられる。日記を書く時間は多くの場合睡眠前だと思うが、やはり早く寝たいという気持ちが生まれてしまうこともあるだろう。

  日記をつけたいけど少し面倒くさい…そんな人におすすめしたいのが毎日5分で取り組める「4行日記」だ。

4行日記とは

  4行日記というのは、言葉通り4行で完結する日記のことだ。FFS理論で有名な小林惠智氏によって考案され、多くの人に支持されている。書く内容は至ってシンプル。「事実」「気づき」「教訓」「宣言」の4項目を4行に分けて書くのだ。

  この4行日記をつけるメリットは様々あるが、主に次の4つがあげられる。

4行日記をつける4つのメリット

  • 1. 自分がどういう考えを持っているのかが分かる。
  • 2. 自分の強みが分かる。
  • 3. 自分の目標が明確になる。
  • 4. 目標達成により近づける。
  その他にも論理的思考力を身につけられたり、思考や生き方がポジティブなものになるなどの副次的効果も期待できる。

4行日記の書き方

by luisjromero
  では具体的にどのように書いていけばいいのだろうか。以下に例をあげる。

4行日記の書き方

  • 1. 事実
    (例)4行日記を始めた。
  • 2. 気づき
    (例)日記を書き続けることで成長することができる。
  • 3. 教訓
    (例)継続は力なり。
  • 4. 宣言
    (例)私は計画性を持った人間です。
  ではそれぞれについてもう少し深堀していきたい。

4行日記の書き方:1. 事実

  ここには今日合った出来事を振り返り、一番印象に残っていることやアンテナに触れたものを一つ選んで書き出す。自分の思いや感想を交えず、客観的事実だけを書くのがポイント。たくさんの出来事をずらずらと書くのではなく、一つの出来事をできるだけ単文で書く。

  事実に書く内容はまさに自分の行動や癖を表している。またどのような事実を抜き出しているかで自分の考え方の傾向も分かるのだ。ここによく登場する出来事が自分にとって優先順位の高いものなのである。

4行日記の書き方:2. 気づき

  ここには事実から得られた発見や感想などを書く。あまり深く考えすぎず自分が直感的に思ったことを書くようにしよう。

  ここに書かれたことから、自分がどのようなことを考え、何を見つけようとしているのかを知ることができる。ここで共通することは自分の強みだと言えるだろう。

4行日記の書き方:3. 教訓

  気づきからどのようなことを学んだのかを3行目に書く。自分に起こった出来事から学んだことを一般化、抽象化するとどうなるかが教訓だ。ことわざや慣用句をイメージしてもらうと分かりやすい。

  ここから自分が目標とすべきことが明確になる。

4行日記の書き方:4. 宣言

  最後に自分がありたい姿を宣言して日記は終わりだ。ここでの書き方としては、自分がなりたい姿を現在進行形でなれていると仮定して断定することがポイントだ。「こうありたい」という姿を描き、そうなれている自分を想像して書く。ネガティブな言葉は入れないということにも注意したい。

  ここからも自分の目標が明確になり、潜在意識の中に達成できている姿が描かれるため目標達成が近付くだろう。

この4つの要素は連動するように書くと効果が上がる。特に“気づき”から“宣言”にかけては流れが通じるようにすることでよりイメージしやすくなる。また1ヶ月ごとに振り返る時間をとると自分の成長を見ることができるためおすすめだ。


  4行日記は、1日5分寝る前に時間をとるだけで自分の成長につなげることができる。普通の日記は面倒くさいという人も、1日5分だと思えば取り組みやすいのではないだろうか。4行日記に関しては本も出ているため、より効果的な書き方を知りたい方はぜひ目を通してみてほしい。

  どのようなことでも言えるが、まずはやってみることが大切だ。その日の振り返りを今後の自分に活かしたいと思っている人は今日から4行日記を書いてみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する