1. 「これで仕事も楽しくなる!」‐職場でウケる定番腕時計の選び方

「これで仕事も楽しくなる!」‐職場でウケる定番腕時計の選び方


 社会人にとって欠かせない必須アイテムといえばやはり腕時計でしょう。服装で個性を出しにくいビジネスマンにとって腕時計のようなワンポイントとなる部分は大きさ以上の存在感を有しています。では一体、どのような点に注意して腕時計を選べばよいのでしょう。

高ければいいというものでもない 重要なのは立場とのバランス



 腕時計といえば、ロレックスやブルガリ、オメガなど、普段はブランドなど気にしないという人でも聞いたことはあるでしょう。基本的にはそれらのブランドを身に着けていればオシャレ度で恥をかくことはありません。しかし、年齢や身分によってはそれらが不相応に見えてしまうこともあります。特に取引先ではいつも以上にそういったことに気を付けなければいけません。「若い癖して高価な時計なんてつけやがって」なんて思われてしまうことも無いとは言い切れません。相手の反応などを見越した上で身に着ける腕時計を変える必要もあるでしょう。

入門編 10万円以上の時計を買ってみたい!

 「今まで腕時計に気を使っていなかった。けど、少し贅沢をしてみたい」そんなあなたにオススメブランドをいくつか紹介します。


ボーム&メルシエ


 スイス時計産業において7番目に歴史のあるウォッチメーカーで、近年雑誌などに取り上げられることが増えた、今人気のブランドです。10万円代で買えるものも多く、初めての職場用腕時計としては最適ではないでしょうか。


オメガ


 1848年設立のスイス高級時計メーカー。知り合いにも、着用しているという人は多いのではないでしょうか。値段の幅は広く、安い物だと20~30万円ほどで購入できます。とにかく外さないオシャレを求める人にオススメです。

超人気 ロレックスの腕時計でオシャレな高級感


 やはり一度は身につけてみたい、ロレックス。知名度ではナンバーワン。お金に余裕があればロレックスをつけて仕事に励んでみたいものですね。立場、役職とのバランスが難しい判断材料ですが、ここまで価値があり、定番となるとそういったバランスも悪くないかもしれません。価格の幅は広く、50万円ほどで買えるものもあるので絶対に無理、ということもないかと思います。腕時計でオシャレを楽しみたい、職場で注目されたい、そんな人は一度ロレックスを手にとってみてはいかがでしょうか。

 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する