1. 効率よく本の知識を自分のものにするために、デキるビジネスマンが実践している3つの読書法

効率よく本の知識を自分のものにするために、デキるビジネスマンが実践している3つの読書法


 読書は様々な知識を私たちに与えてくれる。しかし読んだときは「なるほど」と思ってもそれを実際にビジネスで活かすことは難しい。せっかく得た知識がきちんと脳に定着しないためだ。それを防ぐためには効率の良い読書法を身につけることが大切である。

1. 本を読む目的を明確にする

 本を読む前に必ずしたいのが、その本をなんのために読むのかを明確にしておくことだ。その本を読み終わった時に自分がどうありたいか、どのような知識を身につけたいかを曖昧にしたまま読書を進めてしまうと、ただ「読む」という行為で終わってしまう。目的があるのとないのとではその本から得られる知識の量は格段に異なる。


 そもそも1冊の本に入っている情報すべてを吸収しようとする必要はない。自分に必要な情報を取捨選択して得るためには、どのような情報を自分が必要としているのかをしっかり意識しておくことが大切なのだ。


 明確にした目標は本の見返しに記入しておくといい。文字にしておくことで、自分の目的の再確認をすることができる。


 本から得られる情報は次の3つに大別できる。

世の中には、実に様々な書籍があり、様々なことを読書から吸収できます。
読書から吸収される情報には、私は、基本的には3種類あると考えています。
それは・・・

1.心を鍛える情報
2.行動に取り入れる情報
3.知識を身につける情報

出典: 読書により吸収される情報には3種類ある - ハピラボ

 「心を鍛える情報」を得られる本としては、主に成功本や自己啓発本があげられる。「経営者はこうあるべきだ」といったものだ。これを実際に行動に移した時にどうすればいいのか、というのが2番目の「行動に取り入れる情報」である。そして3つ目の「知識を身につける情報」は言葉通り自分の知らない知識を得るためのものだ。


 これを参考に、自分がその本から得たいものを書き出すことが効率の良い読書をする第一歩である。

2. ペンを手にして読む

 読書する時には何かペンを用意して読むことをおすすめする。これは読書中に話を頭に入れやすくするための工夫である。ただ文字を目で追っているだけでは情報として脳に蓄積されにくい。前後の関係や大事な言葉をペンを使って強調させることで、その本で筆者が言いたいことがより理解しやすくなる。


 中には本に書き込みをするのをいやがる人もいるかもしれないが、その時こそ読書の目的を振り返ってみてほしい。本を読むのは、その本をきれいにとっておくことではなくそこから知識を得ることが目的だ。書き込みをしながら能動的に読書をすることで、情報の定着率は高まるだろう。

3. 引用してアウトプットする

 知識や情報を効率よく自分のものにするのに最も有効なのが「アウトプットすること」だ。そしてその一番簡単な方法が引用して書き出すことである。


 自分がいいと思った箇所があればそれを何かの形でまとめておくといいだろう。スマートフォンのメモ機能などを用いてもいいしノートにまとめてもいい。そのため読書のときはペンだけでなく付箋などを準備しておくといい。1章分読み終わったときなどに、付箋を貼っていた引用部分をまとめてアウトプットすることができるからだ。


 そのときになぜ自分がその部分を引用したのかも一緒に記入しておくと、振り返った時に自分が何を考えていたのかが分かるためおすすめだ。

最後に

 インターネットが発達した今でも、本から得られる知識はかなりのものだ。その知識を効率よく身につけるために、ぜひ上記の読書法を実践してみてほしい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する