1. 「たかがネクタイ、されどネクタイ!」- 本当にデキるビジネスマンが実践しているネクタイの結び方

「たかがネクタイ、されどネクタイ!」- 本当にデキるビジネスマンが実践しているネクタイの結び方


 ただ何となくネクタイを結んで、1日仕事をしているという人、意外と多いのではないでしょうか。「ネクタイなんで誰も見てないでしょ…」と思っている人、油断は禁物です。スーツは基本的にグレーや黒が多く、ネクタイは目に留まりやすいため、第一印象の判断材料になることが多いです。ここでは、ネクタイの結び方を改めて紹介します。

これだけは押さえておきたい「プレーンノット」

 このプレーンノットはネクタイの結び方の中で、最も基本的な結び方になります。これだけでも、まずは押さえておくべきでしょう。大剣の長さは、先端がベルトへ少し掛かる位が最適です。また、結び目の下に「えくぼ」を作ることがプレーンノットを綺麗に見せるための結び方のポイントです。慣れてきたら、意識してみると良いかもしれません。



スタイリッシュな印象を与える「スモールノット」

 スモールノットは、コンパクトな結び目が特徴的な結び方になります。スタイリッシュな印象を与えたいという際、役に立つ結び方です。また、結び目が大きいのが苦手という人も、こちらの結び方を実践してみると良いでしょう。



上品に見せ、大人な仕上がりになる「ダブルノット」

 ダブルノットはプレーンノットより、ややボリュームを持たせたいときにオススメする結び方です。結び目は縦長にふっくらと仕上がるので、オシャレなイメージを相手に与えます。「結び目にボリュームが出ない…」と悩んでいる人は、この結び方をまずは試してみると良いでしょう。 ボタンダウンシャツの時に使うと、効果が2倍になるくらい印象が良くなります。




 いかがでしたでしょうか。ただ、適当に今までネクタイを結んでいたという人は、この機会に自分に合った結び方を見つけ、周りのビジネスマンと差をつけてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する