1. 「YouTube・Linkedin」などの世界を変えるサービスを生み出し続けてきたPayPal出身の起業家まとめ

「YouTube・Linkedin」などの世界を変えるサービスを生み出し続けてきたPayPal出身の起業家まとめ


 現在、SquareやCoineyなど様々な企業が誕生し、盛り上がりを見せている「モバイル決済サービス」だが、1998年と古くから誕生していた企業もある。それが、イーロン・マスク、ピータ・ティールらによって生み出されたサービスが「PayaPal」である。


 PayPalの創業時に関わっていた人物らは「PayPalマフィア」と呼ばれていた。しかし、PayPalが生まれたから5年後の2002年に世界最大規模のオークションサイトである「eBay」に買収されたことで、創業時に関わっていた人材のほとんどがPayPalを辞め、違う道を選ぶことになった。


 しかし、その後PayPalマフィアのほとんどの人材が違った道で輝かしいばかりの功績をおさめていたので、PayPalの後に成功を収めた起業家をまとめた。

リード・ホフマン:「Linkedin」

 ユーザー数は2億人を抱え、200ヵ国20言語に対応しているなど多くのビジネスマンに使われているビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービスの「Linkedin」。その創業者であるリード・ホフマンはPayPalにて最高執行責任者を経験していた。


 PayPalを辞めて、Linledinというサービスで起業した際、PayPalの創業者であるピーター・ティールが出資を行うなど「PayPalマフィア」の繋がりには深いものがあったのだろう。

デイヴィッド・サックス:「Yammer」

 「Yammer」は、企業・組織向けのソーシャルネットワーク・サービスで現在、100万人以上の人と8万の企業に使われている。その「Yammer」を創業したのがデイヴィッド・サックスである。


 彼も「PayPalマフィア」の一員であり、PayPalの成長を支えてきた人物である。Yammerは昨年、MicroSoftに12億ドルで買収された。

ジェレミー・ストップルマン:「Yelp!」


 地元の店舗など小規模ビジネスに関して、ユーザーによるコメントや批評を公開するソーシャルネットワークサービスを提供する「Yelp!」を創業したのがPayPal出身者のジェレミー・ストップルマンである。


 彼はPayPalのエンジニアリング部門に在籍し、テクノロジーの面からPayPalを支え続けていた。

チャド・ハーリー:「YouTube」

 今では、多くの人が使っている動画共有サービス「YouTube」。このサービスを生み出したのもPayPal出身者であるチャド・ハーリーだ。彼はデザイナーとしてPayPalに入社し、PayPalのロゴのデザインなどを担当した。


 その後、YouTubeはGoogleに16億5000万ドルで買収され、チャド・ハーリーは一気にビリオネアの道を駆け上がっていった。




 ここで紹介したPayPalを辞めた後も、世界を変えるようなサービスを生み出し続けていた。ピーター・ティールはPayPal出身者が興したビジネスに関しては、ほとんど投資をするなどしてサービスの成長を一役を担っている。このような関係性があるからこそ、多くの成功するサービスを生み出せているのではないだろうか。PayPal出身者が生み出したサービスが今後、どうなっていくのか目が離せない。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する