1. 「20代は精神と体力の限界まで仕事をするべき!」- 20代で圧倒的に突き抜けるために、やるべき4つのこと

「20代は精神と体力の限界まで仕事をするべき!」- 20代で圧倒的に突き抜けるために、やるべき4つのこと


 会社に入って仕事をしているのであれば、誰よりも成果を残し成長したいと思うのは当然のことでしょう。ただ、どうしたら成長していけるのか分からないという人も多いのではないでしょうか。ここではQ&Aサイト「Qixil」に寄せられた回答の中から紹介します。

1. 夢を書き出し、コツコツ行動していく

夢を明確に書き出して確認する事。自分より凄いと思った人と交流を持つ事。最後、重要なのは目の前に起こった事を夢の為と思ってこなす事ですね。

出典: 僕はITベンチャー企業で働く新卒2年目です。他社の同期を含めても圧倒 ...

 「自分はどうなりたいのか?」ということを頭で考えるのではなくノートなどに書き出し、しっかりと認識することが大事なのでしょう。そして、自分に与えられた仕事を分別つけず、ひたむきにこなしていくことが自分自身の成長に繋がっていくのです。

2. SNSなどで情報発信してアピールする


コツコツやっても認められないとなかなか突き抜けるのは難しいです。自分が何をやっているのか、やってきたのか、そして何をやりたいのかアピールしていきましょう。あんまりリアルの世界でアピールばっかりしてる人は「うざい」人になってしまいますが、Twitterやブログなどで情報発信するのはうるさがられません。TwitterやFacebookなど手軽な情報発信手段が増えたことで、コツコツブログを書く人は減っています。社内外からもどんな人間なのか認識してもらう上でブログでアピールするのがとても有効だと思います。

出典: 僕はITベンチャー企業で働く新卒2年目です。他社の同期を含めても圧倒 ...


 自分自身の価値を理解してもらうためには、自分がどんな人間で、どんなことが出来るのかということをアピールしていくしかありません。今はTwitter、Facebookなどで簡単に情報発信をすることができるのですから、そういったツールを駆使しながら自分の存在をもっと広げていくべきでしょう。

3. とにかく限界まで仕事をする

圧倒的に突き抜けている私からのアドバイスとしては、キレイゴトを抜きに誰よりも働け。特にITベンチャーであれば厳しい上司の下につくことをオススメする。20代のうちは上司や先輩からボロボロにやられるべきだし、過剰に働くべきだと思う。20代のうちはキレイゴトなしに上司や先輩にしごかれろ。
精神と体力の限界まで仕事をすると30代は最強になる。

出典: 僕はITベンチャー企業で働く新卒2年目です。他社の同期を含めても圧倒 ...

 20代が先輩方に勝っている部分があるとすれば、それは体力でしょう。体力のある20代のうちに、とことん働くことが後に自分のためになっていくのです。まずは、仕事の質より量を増やすことから始めてみるのも良いのではないでしょうか。

4. ネットワークを築いていく


社内、取引先、ビジネス外などにどれだけネットワークをつくることができるかも重要なポイントです。その輪の中では、さまざまなノウハウを得ることもでき、協力関係を築くこともできます。自分ひとりではなく、コラボレーションしていく中で、突き抜けていくことは可能となるはずです。ここで大事なことは、突き抜けることは、けっしてひとりでできることではないということです。

出典: 僕はITベンチャー企業で働く新卒2年目です。他社の同期を含めても圧倒 ...

 他の人よりも圧倒的な成果を残したいのであれば、社内外でネットーワークを築くべきでしょう。多くの人と繋がりを持つことで、様々なノウハウを得ることができますし、ひょんなことからチャンスをもらえるかもしれません。自分一人で頑張っていくだけでなく、他人も巻き込んでみるというのも成果を出すだめの一つの手です。






 成果の出せるビジネスマンには誰もがなりたいと思うでしょうが、行動に移せなければ意味はありません。ここで紹介した言葉やアドバイスを参考に、行動に移していってください。


 もっと質問の回答が見たいという人は、下記のリンクからどうぞ!


僕はITベンチャー企業で働く新卒2年目です。他社の同期を含めても圧倒的に突き抜けたいです。アドバイス下さい。 - Qixil



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード