1. 「7回断られても諦めるな!」- 営業の神様 ジョー・ジラードから学ぶ、No,1営業マンになる秘訣

「7回断られても諦めるな!」- 営業の神様 ジョー・ジラードから学ぶ、No,1営業マンになる秘訣


 営業は会社に直接利益をもたらすことのできる、やりがいのある仕事だろう。しかし、それと同時にノルマや数値目標が課せられ、その数値が達成できていないと成果がで出せていないと見られてしまう厳しい仕事でもある。


 ここでは、12年間を連続してギネスブックの「世界No.1のセールスマン」に認定されており「営業の神様」と称されているジョー・ジラードの著書『私に売れないモノはない!』の中から営業マンが知っておくべき思考を紹介する。

自分が使った感想などを語る


「その商品のどんなところにわくわくするか?始めて使った時はどうだったか?」

出典: Amazon.co.jp: 私に売れないモノはない! (Forest 2545 Shinsyo): ジョー ...

  よく商談の際に、営業資料やパンフレットなどの情報だけを淡々と語ってしまう人がいる。しかし、顧客はそういった情報を求めているのではない。自分が使った感想など資料も見ただけでは分からない情報を求めているのだ。顧客の販売するモノは、まず自分で使ってみるべきだろう。

常に頭を働かせ、考え続ける

「セールスで成功するためのプロセスとは、際限なく頭を働かせることだ。最終章はない。そのプロセスを何度も何度も新しく始めるだけだ。」

出典: Amazon.co.jp: 私に売れないモノはない! (Forest 2545 Shinsyo): ジョー ...

 初めて契約が取れたり、大きな契約が取れるなど営業で成功したときは、すごく嬉しいことだろう。しかし、それで満足してしまってはいけない。一度喜んだら頭は切り替え、次の顧客のために頭を働かせ続けるべきである。営業は顧客ごとにアプローチの方法が違うなど終わりはない。だからこそ満足感に浸らず、常に頭を働かせている状態でいよう。

7回断られたとしても、諦めずにトライする


「7回断られたら、私はこう考え始める。『ひょっとしたら、この人買わないかもしれないな。でも、あと3回だけトライしてみようか』」

出典: Amazon.co.jp: 私に売れないモノはない! (Forest 2545 Shinsyo): ジョー ...

 1回商談しただけで、「予算がなかったみたいです…」といった理由をつけて、その顧客を諦めてしまう人は多くいるのではないだろうか。たった1回くらいで諦めてしまっては、契約をとれるはずがない。営業の神様と言われたジョー・ジラードですら7回断られても諦めないのだから、たった1回や2回断られたくらいで諦めてしまってはいけない。とにかく何度もアタックし続けるべきだろう。





 以上、ここまでジョー・ジラードの著書『私に売れないモノはない』の中から営業の参考になる考えを紹介してきた。「契約がとれない…」と、ただ嘆いているだけでなく、頭を働かせ様々な工夫をするべきだろう。もっと内容を知りたいのであれば、ぜひ購入して読んでもらいたい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する