1. 読書の秋!忙しいあなたの読書の効率をあげるのに最適な環境をまとめてみた

読書の秋!忙しいあなたの読書の効率をあげるのに最適な環境をまとめてみた



 秋と言えば様々なものが思い浮かびますが、その1つが読書。今やインターネットが発達し簡単に情報が得られるようになりましたが、それでも本から得られる情報はあなどれません。

読書は脳にも健康にも良い!


 読書は健康や脳にも良いという研究結果が出ています。読書にはリラックス効果があり、散歩や音楽鑑賞などよりもその効果は高いと言われているのです。また、記憶力の低下の防止にも役に立ち、アルツハイマーなどの予防にもつながります。


 物事に深く共感する力をつけるのにも読書は効果があります。他人と情報をシェアすることが当たり前になっている現代においては重要な力だと言えるでしょう。


 秋の夜は涼しさもちょうど良く、灯りの下で読書をするにはうってつけ。そんな「読書の秋」を上手に活用するために、快適な読書環境をまとめました。

読書に最適な環境とは

 読書をする上で大切なのが周囲に邪魔されずに本に入り込める環境です。


○読書に適した場所

・電車の中

 社会人が本を読む場所として時間がとりやすいのが通勤中の電車の中ではないでしょうか。確かに通勤中など通い慣れた場所に向かうときは問題ありませんが、初めての場所や慣れない場所に行く場合は集中力が切れやすいので注意が必要でしょう。自分の目的地にいつ到着するのかが計れず、集中力が散漫になってしまうのです。


・カフェ

 カフェで読書をしている人を見かける機会も多くなりました。カフェでの読書のメリットは適度に騒がしいこと、飲み物や食べ物がすぐに得ることができることがあげられます。読書は完全な静寂よりも少し騒がしい方が理想的です。ただ、あまりにも騒がしすぎると逆に集中できなくなってしまうので、ファミレスなどより落ち着いているカフェをお勧めします。


・自室

 自室では周りの目を気にせずに読書することができます。しかし同居者が居る場合は邪魔されてしまうこともあるため、その間は話しかけないように言っておくか、同居者が寝たあとで自分が寝る前に読書することがおすすめです。


・トイレ、バスルーム

 忙しい人が時間をとりやすいのがこちらの2つではないでしょうか。一人でいられる空間で、いる時間もある程度決まっているため短い間で集中することができます。なかなか時間がとれないひとにもおすすめです。


○読書中は音楽を聴くのがおすすめ

 脳波の1つであるシータ波は通常まどろんでいるときなどに出るものですが、読書など集中力が必要な時に生み出されるのもこのシータ波です。つまり脳がリラックスしている状態が読書をする上では効果的なのです。


 さらにシータ波は外界のリズムとシンクロする性質があるため、リラックスできる音楽を聴くことは読書の効果を高めてくれます。ピアノ曲やクラシック系の音楽によって脳の緊張状態をほぐしてあげれば、より読書に集中できるでしょう。


 読書中に聞く音楽を探すのにおすすめなのが「book loves music」というサービスです。ここではそれぞれの本におすすめな音楽を探すことができます。どんな音楽を聴けばいいのか悩んでいる人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。


最後に

 読書を最大限に楽しみ、より知識を得るためには脳をリラックスすることがとても効果的です。忙しい人もぜひ本を読む時間を見つけて「読書の秋」を楽しんでみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する