1. 新しいiOSデバイスに無料提供される「iWork」、あなたは使いこなしてますか?

新しいiOSデバイスに無料提供される「iWork」、あなたは使いこなしてますか?



 Appleはこれから発売される新しいiOSデバイスを購入するとiWorkと呼ばれるパッケージを無料で提供することを発表しました。iWorkの内容は文書デザインアプリの「Pages」、スプレッドシートやグラフを作成できるアプリの「Numbers」、プレゼンテーションアプリの「Keynote」です。まだ聞き馴染みのないものばかりかもしれませんが、今回のAppleの発表によって新たなiOSデバイス全てにこのアプリが備わるため、手にする機会や目にする機会は増えてくることでしょう。そこで、これらのアプリでどんなことができるのか簡単に解説していきたいと思います。

文書デザインアプリ「Pages」



 この「Pages」はMicrosoft Officeで言うところの「Word」にあたります。iPad、iPhone、iPod Touch上でレポートやチラシなど、様々な文書を作成することができます。上記の画像のような美しい文書も難なく作れます。外付けのキーボードがない場合は画面上でタイピングしなければいけないため、大量の文章を入力するのには向かないかもしれませんが、簡単な文書なら短時間で簡単に作れます。画像付のメモをとるときにも便利かと思います。

表計算アプリ「Numbers」



 「Numbers」はMicrisoft Officeでいう「Excel」基本的な使い方はExcelとほぼ同じなので、使い方で迷うことはあまりないでしょう。以下のサイトに詳しい使い方が掲載されているので参考にしてください。



プレゼンテーションアプリ「Keynote」



 こちらはMicrosoft PowerPoint と同じような機能になっています。Keynoteは他の2つと比べて、積極的に使用する方が多いようです。画面の大きなiPadでは、パソコンよりもスタイリッシュなプレゼンが可能となり、営業先などでも活躍すること間違いないでしょう。実際に多くの企業が街頭販売等でKeynoteを用いたiPadによる商品プレゼンを行っており、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

これらのアプリで作成されたファイルはiCloud上で管理

 上記で紹介したPages、Numbers、Keynoteで作成したファイルは全てiCloud上で管理されるため、インターネット接続環境下にあればいつでもファイルの閲覧・編集が可能です。プレゼンテーションを予定していたが、発表直前に間違いを見つけてしまった。パソコンを開きたいが満員電車のため、そんなスペースも確保できない。といった時でもiWorkアプリですぐに修正することができます。

互換性に注意が必要



 iWorkはMicrosoft Officeと互換性を目的として作られたわけではありません。基本的な内容はどちらでも表示することができますが、グラフやスライドのレイアウトが崩れるケースもあるようです。よって、取引先に向けて文書やスプレッドシートを作成する際はOfficeを使うのが無難かもしれません。




 なんと言ってもOfficeと比較すると価格が安いのがiWorkの強みでしょう。また、直感的に操作することができるため、初めて使う人でもあまり不便なく使えるかと思います。最新のiOSでは無料で利用できるので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する