1. 起業をするなら田舎を選べ!?地方でベンチャー企業を経営する4つのメリット

起業をするなら田舎を選べ!?地方でベンチャー企業を経営する4つのメリット


 起業したいという人の多くはどこに拠点を置くのかで非常に苦労しているのではないでしょうか。多くの人は東京での起業を考えがちですが、実は地方でも多くのベンチャー企業が成功しています。ここでは地方で起業するメリットについて説明したいと思います。

人件費や家賃を低く抑えることができる


 まず考えられるのはコストがあまりかからないという点です。オフィスは東京よりも安く借りることが出来ますし、地方は人件費も比較的低い水準です。

ストレスを感じることなく、起業に集中できる


 満員電車での通勤など、都心で働くとストレスを感じる機会も多いのではないでしょうか。地方では電車で通勤する機会はあまり多くありませんし、自然が豊かな環境が多いので、都心で感じる窮屈さや圧迫感も感じることなく働くことができます。集中できる環境が整いやすいというのも、地方で起業する大きなメリットなのではないでしょうか。

自治体や行政の支援が集まりやすい

 地方ならではの繋がりというもの魅力です。現在課題となっている若者の雇用の創出に一役買ってくれるようなベンチャー企業は地方では歓迎され、地方自治体や政府機関からの資金調達もうまくいくと思います。

ユニークな人材を集めることができる


 地方には、都心では見つからないような、ユニークな個性を持った人もいます。そういった人とともに働けるのも地方ならではの魅力の1つでしょう。




 多くの企業が東京に勤務地を設けていることなどから、地方に行くのは難しいのではないかという意見も確かにあります。しかし、ネット電話やWeb会議ができるようになった現在では、直接現地に赴かなければいけない機会はかなり少なくなりました。起業を考えている人は地方も選択肢に入れて拠点探しをしてみると良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する