1. 【あなたの仕事効率をあげてくれる色はこれだ】身の回りに置くものを変えるだけで仕事が一気にはかどる!

【あなたの仕事効率をあげてくれる色はこれだ】身の回りに置くものを変えるだけで仕事が一気にはかどる!

 色彩による脳への影響は大きいと言われています。そしてそれは様々な場所でも利用されています。例えば、スターバックスコーヒーではオレンジ色のライトを使うことで顧客がゆっくりとリラックスできる効果を狙っています。逆に食事中に青色を見ると食欲がなくなると言われ、ダイエットなどに活かしている人もいるのではないでしょうか。

 これは仕事効率にも応用することができます。オフィスの色や身につけている色を変えるだけで仕事効率をあげることが期待できます。

仕事効率をあげる色はこれだ!

○落ち着いて仕事に取り組むには「青」

 冷静に仕事に取り組むには青がおすすめです。青には人の気持ちを落ち着かせてくれる効果があります。集中力を高め、適度な緊張感を与えてくれるため、仕事効率をあげてくれるでしょう。

○脳を刺激させるためには「黄色」

 黄色を見ると脳を刺激し、気分が冴えてきます。仕事中にネットサーフィンをしてしまいがちな人も、黄色のものを目にすれば気持ちを切り換えることができます。何か物事を判断する時にも黄色は効果的です。

○やる気を出すには「赤」

 朝業務を始めるときやお昼休憩後などに仕事へのやる気を導いてくれるのが赤色です。赤はテンションをあげてくれる効果があるため、行動力が欲しい時に身の回りに置いておくといいでしょう。

○目を覚ますには「白」

 白は脳を活性化してくれるため、眠くなりにくいと言われています。事務処理をする際には白が効果的です。

○社交的になるには「オレンジ」

 オレンジによって心が明るくなり、人との交流を積極的に行うことができます。会社のコミュニケーションスペースのライトの色をオレンジにするといいのかもしれません。

○ストレスが溜まっているときは「好きな色」

 仕事でストレスが溜まってしまったときは自分の好きな色を見るのが一番いいでしょう。自分の好きな色を持ち歩くことで仕事への意欲をあげられる効果を期待できます。どうしても期の進まない業務に使うステーショナリーなどには積極的に自分の好きな色を取り入れるといいのかもしれません。

仕事において「色」は意外と重要

 聞いていると集中できたりテンションが上がる音楽があるように、色にもそのような効果があります。何気なく視界に入るライトやデスク、ステーショナリーの色があなたの仕事効率に影響を与えているのです。

 今回あげた効果は一般的に言われているもので、人によってはその感じ方は異なります。自分がどんな色を身近においていた時に仕事効率が良かったのか思い出して、その色を意識したものを持ちあるくといいかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する