1. 【永久保存版】宛名を書く際に気をつけるべきポイントまとめ

【永久保存版】宛名を書く際に気をつけるべきポイントまとめ

 入社してまだ間もない頃は、取引先との契約書の宛名を書くなど事務作業を任されることもあるでしょう。ずっと使える宛名を書く上で気をつけるべきポイントをまとめました。

洋封筒の場合のポイント

まずは「洋封筒」で宛名を書く上で気をつけるべきポイントを紹介します。

●住所
 住所の文字の大きさは、宛名の文字よりも小さくしましょう。住所が一行におさまらない場合は改行してもしまっても大丈夫です。改行するのであれば、住所や番地のキリの良いところでするようにしましょう。二行目・三行目の書き出しは、一行目の書き出しよりも後ろから始まるようにします。

●宛名
 宛て名は、中央に大きく書きます。位置としては、郵便番号の最初の3つの間くらいを目安にすると良いでしょう。氏名の長さは書き始める前に把握しておき、全体のバランスを考えて文字を配置すると上手に書けます。

<裏面>

●住所
 住所の文字の大きさは、差出人の氏名の文字よりも小さくします。 もし、日付を入れるのであれば住所の左上に書いておきましょう。

●差出人の名前
 差出し人の名前は、右寄せまたは、中央よりやや右に書きます。封筒の横幅の3分の1におさまるようにすると好印象です。こちらも最初にイメージを持ってから書くと良いでしょう。 

和封筒の場合のポイント

次に和封筒で宛名を書く際のポイントを紹介します。

●住所
 基本的には洋封筒と同じで、洋封筒と異なる部分は数字の書き方です。和封筒は番地などで数字を書く際、漢数字で書きます。算用数字で書いてしまわないように注意しましょう。また、住所の県名は同じ都道府県内に送る場合でも入れるので注意しておくべきです。

●宛名
 個人宛の場合は氏名のあとに「様」、会社宛の場合は会社名の下に「御中」をつけます。もし、「親展」と書くのであれば、左下に小さく赤い字で書いておきましょう。 

<裏面>

●住所  
 差出人の住所・氏名を書くときには、住所はセンターラインの右側に、氏名は左側に書くのが正式なマナーとされています。これを意識して書けるとデキるビジネスマンだと思われるでしょう。

●差出人の名前
 差出人の氏名は住所よりも少し大きめの字で、書き出しは住所よりも少し下げて書き出します。名前の最後が住所の最後と一緒になるように書いていくと良いでしょう。



 メールや電話が主となり宛名書きをする機会も、あまり多くなくなりましたが、いざというとき忘れないようチェックしておくと良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する