1. 出世できない人に共通する10の理由と3つの改善法~努力次第で出世は出来る!~

出世できない人に共通する10の理由と3つの改善法~努力次第で出世は出来る!~

出世できない人に共通する10の理由と3つの改善法~努力次第で出世は出来る!~ 1番目の画像

 今の社会において、若い社会人は「サトリ世代」と言われ、出世欲があまりない世代だと言われています。筆者は、どうせ仕事をするなら上を目指す方が楽しいと考えており、同じように考えを持つ方も少なからずいると思います。

 しかし、出世したくてもできない人がいるのも事実です。それはなぜでしょうか?

 今回はwebR25がビジネスマン200人に対して行った『周囲にいる出世できない人の共通点』という調査の結果と共に、出世するために気を付けるべきことについて迫っていきます。

出世できない人はこんな人だ!

出世に影響するのは「仕事の出来」と「人間関係」

 アンケートは12項目の中から上位3つを選んでもらい、1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptで集計。その結果は以下のようになりました。

1位 口先だけで行動力がない (230pt)
2位 要領が悪い(175pt)
3位 人望がない(141pt)
4位 ミスが多い(125pt)
5位 意志が弱い(118pt)
6位 人脈が乏しい(108pt)
7位 地アタマが良くない(106pt)
8位 欲がない(51pt)
9位 ストレスに弱い(48pt)
10位 情報感度が悪い(47pt)








<出典:web R25

 このアンケート結果を大きく分けると、仕事に直結する部分と、人間関係の2つが挙げられます。

 個人的に気になったのが7位の「地アタマが良くない」という理由です。地アタマというのは先天的な才能であるイメージが強く、鍛えるのにも限界があります。しかし、今回のアンケートでは7位と比較的下位にランクインしました。

 何が言いたいのかというと、7位の地アタマ以外、「努力次第でなんとかなる事が多い」という点です。努力することで、自分の出世が見えてくるかもしれません。

1位 「口先だけで行動力がない」を直す

 これを見たとき私はドキッとしてしまいました。というのも、出来ない事、興味のないことに対しても二つ返事で「いいよ」と言ってしまう癖があるのです。

 口先だけの言葉を使い続けていると、周りからの信用も失ってしまいます。自分の言葉に責任を持つことが大切になってきますね。

 このような傾向があると思った人は、自分の周りの人間に相談してみるといいかもしれません。例えば同僚に、「俺が自分で言ったことを実行してなかったら注意してくれ」と言っておきます。

 口先だけで行動力がない人の多くは、実際に行動力がないのではなく、言ったことをすぐに忘れてしまうことが原因であると考えます。

 自分で宣言したことを忘れないように、自分の信頼できる人間に「見張り役」になってもらいましょう。

2位 「要領が悪い」を直す

 要領が悪い原因はどこから来るのでしょうか。仕事一つに対して異常なまでにこだわる、そもそも効率の良い方法を知らないといった具合に、原因は様々です。

 では、仕事の効率を上げるためにはどうすればよいでしょうか。これは簡単です。とにかく容量のいい人の真似をし、仕事のコツを掴むことです。仕事のスピードが速い人は、何かしら意識していることや、効率の上がる仕事術を実践しています。これらを盗むことで仕事のスピードを上げることは可能です。

 この時大切なのは、自分の肌に合った方法を盗むということ。自分と相性の良くない仕事術を真似して、返って時間がかかってしまうということもあり得ます。たくさんの人に仕事のコツを聞いて、自分の肌に合う方法を実践しましょう。

 また、すぐに効果が現れることはほとんどないので、粘り強く継続しましょう。

3位 「人望がない」を直す

 人望を獲得するためには、たくさんの人とコミュニケーションをとる必要があります。よく就活などで「コミュニケーション力」という言葉が用いられますが、コミュニケーション力を高めるためには何をすればよいでしょうか。

 ズバリ、人間のコミュニケーション力はコミュニケーション量に比例します。クローズドな空間で人とあまり接しない人は会話のパターンも少なく、相手の心を掴むトークをすることも難しいでしょう。

 逆に、様々な場所で、様々な人に出会い、様々な会話をしてきた人は、相手に対して一番ウケのいい話題や話し方を瞬時に選択することができるため、あらゆる人間に対してよい関係を築くことができます。結果として「人望のある人」になるのです。

 社会人になってしまうと新しい出会いも少なく、人と会話する時間も少なくなってくるかと思います。そんな状況だからこそ、無理をしてでもたくさんの人と出会い、コミュニケーション力を高める必要があると感じます。会社の飲み会に積極的に参加したり、社会人の交流会に参加するなど、身近なことから始めてみてください。

努力次第で出世はできる

 今回のアンケートで得られた結果の中には努力すれば解決する項目がたくさんあります。自分に当てはまるものがあった人は、一つずつ努力して直していきましょう。

 出世、つまり人の上に立つということは、自分のキャリアの上でも貴重な経験となることでしょう。出世欲がある人も、サトリ世代と呼ばれる若者も、これを機に自分自身を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

自分に合った仕事がしたいなら「DODA」

出世できない人に共通する10の理由と3つの改善法~努力次第で出世は出来る!~ 2番目の画像

 出世するためには、要領の良く働いたりコミュニケーション能力を磨いたりと、多くの努力が必要だ。

 しかし、そもそも今の仕事が自分の苦手な分野ばかりだという可能性はないだろうか。

 人と話すのが得意な人もいれば、データを緻密に整理する方が得意な人もいる。得意分野が人それぞれなら、活躍でき評価されやすい分野も多様なはずだ。

 もしも、今の職場で自分の強みが活かせていない、と感じているのなら「転職」を考えてみるのも一つの手だ。

 日本最大級の転職サイト・転職エージェント「DODA」には、全国100,000件もの幅広い職種や企業規模の求人が用意されている。

 まだ転職活動は検討段階、という人もまずは情報収集に使えるほか、実際に転職に踏み出す際もスカウトサービスやエージェントサービスを利用できるので安心だ。

 今よりも自分らしさを大事に働きたい、そんな思いを持つ人は、「DODA」で自分にぴったりの求人を探してみよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する