1. 初めて英文の営業メールを送るあなたへ!これだけ覚えれば絶対にうまくいくメールの書き方

初めて英文の営業メールを送るあなたへ!これだけ覚えれば絶対にうまくいくメールの書き方

 ビジネスの現場でよく使われるのがメールです。最近では海外とのやり取りを英文のメールでしている方もよく見かけます。しかし、英語が母国語でない私たちからすると、英文で相手とやり取りをするのは少し骨が折れるもの。そんなあなたのために、今回はビジネスメールの中でもでよく使われる営業、売り込みの英文をまとめてみました。

書き出し

 海外に売り込みをかける場合、多くの場合が初めて連絡を取ることになるため、まずは自己紹介と自分がメールを送った理由を書く必要があります。

<自己紹介>

 自己紹介に必要なのは、自分の名前と所属する会社、部署です。表現としては次のようなものがあります。

○My name is Hanako Yamada, a Sales division manager at Nihon company.
 (私はニホン会社で営業課長をしております、山田花子と申します。)

○I'm Hanako Yamada of Nihon company. I belong to Sales Department.
 (私はニホン会社の山田花子と申します。営業部に所属しております。)

<メールを送った意図>

 続いて、なんのためにメールを送ったのかを明記します。

○We are interested to be a supplier of XX for your company.
 (貴社のXXの提供者になりたいと思っております。)

○We are contacting you to inquire whether you would be interested in using~.
 (~を採用していただきたく、ご連絡を差し上げる次第です。)

 “be interested to”は、上記のように 「〜したいものです。」のように使うことができます。“be interested to be a supplier of ~”で「〜の提供者になりたいと思っています。」の意味になります。

自社の紹介

 自社がどのような利益を相手に提供できるかを紹介します。

○We are familiar with ○○.
 (我々は○○に関しては熟知しております。)

○We are a Internet marketing company specializing in e-commerce and online marketing.
 (我々はeコマースとオンラインマーケティングを得意とする、インターネットマーケティング会社です。)

 “company specializing in ~”は「〜を得意とする会社」という意味です。自社の強みを表現する方法は他にも“recommend ~ with confidence” (〜を自信を持ってお勧めする)といったものがあります。

締めの言葉

 締めには自分の連絡先と、何かあればすぐに連絡するように、という内容を記載します。

○If you have any questions, please do not hesitate to contact us.
 (ご質問がございましたら、いつでもご連絡ください。)

○If you are interested in our products, we can set aside some time next week for a discussion.
 (弊社の商品にご興味を持っていただけましたら、来週にでもご相談のお時間を取らせていただけたらと思います。)

○I look forward to hearing from you soon.
  (お返事をお待ちしております。)

 結びの言葉としては、“Best regards,”や“Thank you,”が一般的。結びの言葉は毎回返る必要はないので、これだけ覚えておけば大丈夫です。何度かメールのやり取りをした相手には、“Best,”や“Thanks,”を使うこともできます。

最後に

  いかがでしょうか。初めて海外に営業メールを送る人はぜひここにあげた表現を使ってみてください。最初は慣れなくても、回数を重ねるごとにその時々に適切な表現を選ぶことができるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する