1. 日米通算4000本安打を達成したイチロー選手の名言から学ぶ、目標達成の極意

日米通算4000本安打を達成したイチロー選手の名言から学ぶ、目標達成の極意

 10年連続シーズン200本安打達成、日米通算4000本安打達成など数々の功績を残してきたイチロー選手。どこまでも自分をストイックに追い込んでいく姿は見習うべきことがたくさんあります。そんなイチロー選手の名言から、ビジネスでも役に立つ思考を紹介していきたいと思います。

手の届く目標を立て、それを一つずつクリアしていく

 “ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば、最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになるということですね”

<出典:偉人の名言格言集

 自分には無理だと思ってしまうような目標であっても、小さな目標を着実に一つずつこなしていけば、それが自分の力になっていきます。そうすれば、最初は無理だと諦めていた目標も次第に現実的なものになり、実現可能性が高くなるでしょう。目標が大きければ大きいほど、まずは手の届く目標をこなしていくべきです。

自分の成功の裏には、倍以上の悔しい思いがある

 “4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをしてきている。その中で、常に自分なりに向き合ってきたという事実はある。誇れるとしたらそこではないかと思う”

<出典:偉人の名言格言集

 自分が目指している姿に辿り着くためには、嬉しいことばかりではなく当然悔しい思いをする時もあるでしょう。その悔しいと思う気持ちと向き合うことで、今自分に足りないものも見えてくるようになります。目標を達成するためには、悔しい思いと向き合うことが大切なのです。

結果が出ないときこそ、諦めずに喰らいつく

 “結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる”

<出典:偉人の名言格言集

 仕事をしていると、自分の思うように結果や成果が出ない時があります。しかし、そういう時こそ悲観的にならずに、やり続けていくことが重要になります。諦めて投げ出してしまえば、そこで全てが終わってしまいますが、諦めずにやり続ければ何かが起こるかもしれません。何事も諦めずにやり続けた先に成功があるのです。

努力をできる人こそが真の天才

 “努力せずに何かできるようになる人のことを、天才というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを、天才というのなら、僕はそうだと思う”

<出典:偉人の名言格言集

   何か一つのことを成し遂げていくためには、多くの人は努力を積み重ねていくことが大事です。そうすることで、何かができるようになっていきます。努力するというのは口では簡単に言えますが、実際に継続して行っていくことは難しいものです。だからこそ、その努力を積み重ねていける人こそ真の天才ということなのでしょう。



 ここまでイチロー選手の名言を紹介してきました。誰よりも自分を追い込み、厳しい状況のときこそ諦めずに喰らいついていくという姿勢こそが自分が目指す目標を達成するために必要なことなのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する