1. エナジードリンクって結局どれがいいの?4つのエナジードリンクを比較してみた。

エナジードリンクって結局どれがいいの?4つのエナジードリンクを比較してみた。

 仕事のやる気やモチベーションを保つためにエナジードリンクを飲むという習慣が一般的になってきました。最近ではエナジードリンクの種類も増えてきており、どのエナジードリンクが良いのかが分からないという人も多いのではないでしょうか。

1. カフェインが一番多い「Red Bull」

 Red Bullの特徴はカフェインの量です。他のエナジードリンクに比べ、倍近くのカフェインが入っています。なるべく効果を持続させたいという方にとっては、オススメのエナジードリンクです。

 また、Red Bullのレッドブルの効果的な飲み方は、500mlのポカリスエットをラベル上部の線ぴったりまで飲んで、そこにレッドブルを入れ、混ぜて1日かけてちびちび飲むというものです。エネルギー切れを感じることなく過ごせます。

2. コスパが一番良い「Monster」

 Monsterの一番の特徴は「コスパの良さ」でしょう。Monsterの容量は355mlと現在、国内で販売されているエナジードリンクの中では一番の大きさです。また、値段も190円と一番の安くなっています。とにかく安い値段で量をたくさん飲みたいという方はMonsterが良いのではないでしょうか。

3. 刺激が一番強い「RAIZIN」

 最近、人気が高まってきている「RAIZIN」。生姜が含まれているので、飲むと体が暖まってきますし、炭酸も強いので目が覚めます。眠気を飛ばして、集中して作業に取り組みたいという方にオススメ。

4. 飲みやすさが特徴の「burn」

 最後に紹介するのが、「burn」です。burnの特徴は「飲みやすさ」だそうです。Red BullやMonsterなどの味が苦手でエナジードリンクが飲めないという方は、試しにburnを飲んでみると良いかもしれません。



 4つのエナジードリンクの特徴を比較してきましたが、いかがでしたでしょうか。それぞれに味や大きさなどの特徴があるので、自分の目的に適したエナジードリンクを飲むのが良いのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する