1. 「赤・黄・青のネクタイを使い分けろ!」- 営業成績を左右するネクタイ選びの重要性

「赤・黄・青のネクタイを使い分けろ!」- 営業成績を左右するネクタイ選びの重要性

 営業マンにとってスーツとネクタイは必需品といっても過言ではありません。あなたはネクタイの色が相手に与える印象を大きく変化させるということを知っているでしょうか?場面や相手に合わせたネクタイ選びは、営業成績をも左右する重要な選択なのです。

初対面のときは「黄色のネクタイ」

 初めての訪問では相手の人柄やスタンスが分からず、どのようにすれば好印象を与えられるのか誰しも悩みます。そのようなときは黄色いネクタイを着けて臨みましょう。黄色には明るさやユーモアがあると相手に感じさせ、場を和ませる効果があるそうです。初対面でも早く相手と打ち解けたいという時の勝負ネクタイです。

契約や金額交渉のときは「青色のネクタイ」

 落ち着いて相手と話をしたいときには青色のネクタイを着けると良いでしょう。青色には相手の気持ちを落ち着かせる効果だけでなく、相手に信頼感を与える効果があります。冷静で知性を見せたいデータや数字を用いた営業や、金額面や契約の交渉など相手と冷静に話を進めたいときにはぴったりのネクタイです。

勝負どきのプレゼンや営業では「赤色のネクタイ」

 絶対に失敗できないプレゼンや勝負をかけたい場面では、赤色のネクタイを着けましょう。赤色には、パワーや活力を相手に印象付けることができ、積極的にアピールしたいと相手に伝える効果があります。アメリカの大統領選でも多くの当選者は赤いネクタイをしています。赤いネクタイを着けることで相手に強いインパクトを残すことができます。




 もちろん、ネクタイの色だけで営業が成功するとはいえませんが、相手に対する印象を予想以上に左右するものです。色が相手に与える印象を十分考えた上で、シーンに合わせたネクタイの色選びをしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する