1. 空回りは卒業しよう!やる気を結果に100%結びつける方法

空回りは卒業しよう!やる気を結果に100%結びつける方法

 やる気があるのに空回りしてうまく仕事ができないと悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか。やる気が空回りしてしまう時というのは、どうしてもひとりよがりになり深く考えすぎてしまい、それが原因となって失敗してしまうことがあります。ここでは、やる気が空回りしてしまう原因と、やる気をうまく結果と結びつける方法を説明したいと思います。

なぜやる気は空回りしてしまうのか?

 やる気が空回りしてしまう原因はどういうところにあるのでしょうか?その原因とは、1人よがりになってしまい、周りが見えなくなって深く考えこんでしまうことにあります。このような仕事の仕方では、到底良い結果がでるとは言えないでしょう。

あなたは考え過ぎなのかもしれない

 周りを見ずに1人で考え過ぎてしまって実際の行動に移すことが出来ず、作業効率が落ちてしまうというのがやる気が空回りして失敗してしまう原因の1つです。人間は深く考えて込んでいる間に行動を起こすことはできません。あまり深く考えこまないことがやる気を空回りさせない方法だと言えるでしょう。

考える時間を決めよう

 考えることをずっと続けていくと、途中から考えは堂々巡りになってしまって、結論は出ているのに考え続けてしまうということになりかねません。考える時間を決めて、短い時間で考えるのがいいでしょう。具体的な時間としては、5分程度がちょうど良く、それまでの時間に考えたことは箇条書きでメモに残し、それを次のステップに生かすようにしましょう。

周囲に相談し、協力することで目標を達成する

 もし、それでも考えがうまくまとまらない場合には、周囲と相談するようにしましょう。考える時間で得たメモを元に周囲に相談すると更に結果の達成に近づきます。もう答えは決まっているのに決断をするために相談するというのはよくあることです。たくさん考えることではなく、周囲からのアドバイスや承認によって考えた結論が納得できるようになります。やる気があるときこそ周囲に相談し、うまく力を合わせることでいつも以上の力が発揮できるようになるのです。




 空回りしてしまうときというのは、すべて一人でやってしまおうという考えに陥りがちです。更に、考える時間が増えてしまうという難点もあります。考えすぎないでうまく思考を巡らせることが仕事の成果に繋がるということを意識しましょう。また、仕事では周囲との協力が大切になります。周囲に相談することで考える時間も短縮できるのではないでしょうか。考える時間を短くし、周囲と協力することでやる気を成果に結びつけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する