1. 企業の成長を加速させる「M&A」を行うメリット・デメリットとは?

企業の成長を加速させる「M&A」を行うメリット・デメリットとは?

 企業を成長させる手段の一つとして、企業の合併や買収をする「M&A」があります。M&Aは、新規事業や市場への参入、企業グループの再編、事業統合、経営が不振な企業の救済などを目的として実施されることが多いです。最近では YahooやGoogleなどがその動きを活発にしてきています。では、M&Aを行うことのメリットとデメリットは何なのでしょうか。

買い手企業のメリット

まずは、買い手企業のメリットから見ていきたいと思います。

●事業規模拡大

 M&Aを行うことによって、売手企業の既存経営資源を活用することが可能になるので、買手企業は事業規模拡大を図ることができます。

●新規事業への参入

 新規事業には基本的にリスクがついてまわるものですが、既にその事業領域で実績を上げている企業を買収すれば、新規事業へのリスクを軽減できます。一気に多岐にわたる事業展開を行えるのです。  

●スキルギャップの解消

 買い手企業はM&Aで売手企業の持つ技術を優れた取り込むことで、自社の資本力、営業力などを活用しながら更なる収益を上げることが可能になります。

 買い手企業は、コストをかけずに事業規模を拡大していけたり、今まで参入できていなかった市場に参入することができたりと会社を大きくしていく上では非常に多くのメリットがあります。

売り手企業のメリット

●資金調達力の向上

 買い手企業の信用力が高い場合M&Aをし、買い手企業の子会社になることで金融機関または買い手企業からの資金調達がしやすくなります。

●創業者利潤の確保

 M&Aにより会社を売却することで売り手企業の創業者は事業の現金化を行うことができ、それが投資資本額を上回る場合には創業者利潤を得ることができます。

 売り手企業側は、買い手企業の信用力を基に資金繰りがやりやすくなったり、また創業者は潤沢な資金を手に入れることができたりと「資金」という面においては大きなメリットがあります。

買い手企業のデメリット

 次に買い手企業のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

●売り手企業との融合

 買い手側はM&Aすることによって、売り手企業の従業員も抱えることになるので、今まで培ってきた社風や従業員の待遇を上手く融合するのが難しいところです。ここの配慮を怠ると、社内の雰囲気が悪くなってしまいます。

●事業計画通りに進まない 

 事業計画書を練り、経営をしている企業は多いですが、元々、別々の2つの会社を事業計画通りに動かすのは至難の業です。M&Aを行った後に、事業計画書を見直し対策を立てる必要があるでしょう。

売り手企業のデメリット

●買い手企業との融合 

 こちらも買い手企業と同じく、M&Aをした後に社風や従業員の待遇などの面で買手企業との融合が難しいところです。

●経営者、労働条件の変更

  M&Aを行うということは、従業員にとっては突然経営者や労働条件が変わることになるので、動揺する人も出てくるでしょう。従業員がどう思っているのかについては、気を配っておく必要があります。



 M&Aは会社を成長させていく手段の一つとしてメリットも多くありますが、その反面デメリットがあるのも事実です。これらをきちんと認識しておくことが、事業を加速させるM&Aにつながるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する