1. プログラミングを一度挫折した人にオススメする7冊の初歩の入門書

プログラミングを一度挫折した人にオススメする7冊の初歩の入門書

 プログラミングにトライしたけど、結局途中でやめてしまったという人は多いのではないだろうか。挫折経験のあるみなさん向けに「プログラミングってどうやって勉強すればいいの?」という疑問に答える本当の初歩の入門と呼べる7冊の参考書を紹介する。


アルゴリズムの絵本-プログラミングが好きになる9つの扉

 プログラミングとはなにか、プログラミングへのアプローチの仕方とC言語を用いた初歩的なプログラミングが行える入門書となっている。絵本でかなり内容もライトになっており、C言語の基礎の学び直しやプログラミングの構造を学ぶには最適の一冊となっている。

Amazon.co.jp: アルゴリズムの絵本-プログラミングが好きになる9つの扉: (株)アンク: 本.

これからはじめるプログラミング基礎の基礎

 プログラムとは何かということから導入し、最終的に専門的な内容の初歩的な部分まで説明している。入門書で学んだ時に理解しにくい部分を的確に補ってくれ、入門書と一緒に読んでもその効果を十分に発揮する本である。わかりにくくて放置していた入門書と組み合わせることで思わぬ現状打破につながるかもしれない。

Amazon.co.jp: [改訂新版] これからはじめるプログラミング基礎の基礎: 谷尻 かおり, 谷尻 豊寿: 本.

最初からきちんと学びたい人のプログラミングの入門書

 言語名や専門用語の解説が広くなされている。プログラミングで必要な知識や技術を短期間で学ぶということに最適な一冊となっている。さらに、Androidアプリの作り方まで網羅しており、楽しくプログラミングの初歩について学べるような工夫がなされている。難しくて読むのが嫌になってしまったという人に向いている一冊だ。

Amazon.co.jp: 最初からきちんと学びたい人のプログラミングの入門書 (日経BP パソコンベストムック): 日経ソフトウエア: 本.

パソコンプログラミング入門以前

 この本は、プログラミングの要素は全く入っておらず、純粋なプログラミング入門の入門書となっている。プログラミングとは何かということを例示を用いてわかりやすく説明している。挫折から抜け出し、プログラミングを積極的に学習するようになった後も読み返したくなる一冊だ。

本書は、好評をいただいた「パソコンプログラミング入門以前」の内容を最新の動向に 合わせて全面的に見直し、さらにOSやネットワークとプログラミングについて解説を追加 。 商品の説明をすべて表示する ...

プログラミング作法

 プログラミングをする上での心得やコツが多く書かれている。プログラミングをしているうちに陥ってしまいやすいミスを未然に防ぐ方法を紹介するなど、プログラミングの本質的に重要なポイントがしっかりと説明されている。プログラミングの書き方で思い悩んでしまった人はこの本を手に取ると良い。

Amazon.co.jp: プログラミング作法: ブライアン カーニハン, ロブ パイク, Brian Kernighan, Rob Pike, 福崎 俊博: 本.

あなたにもできるプログラミング超入門

 初心者にわかりやすくプログラミングをレクチャーするのがこの本である。使用する言語はPerlで、非常にわかりやすい説明なのでだれでも簡単に理解することができる。プログラミングの流れがひと通り理解できるようになっているので、どこから始めればいいのかがわからず挫折してしまった人に最適の一冊だ。

Amazon.co.jp: あなたにもできるプログラミング超入門 (CompuBooks): とびら: 本.

プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラムの基礎知識

 プログラムがなぜ動くのか、その根本的な部分から詳しく説明している。専門用語一つ一つが丁寧に解説されているのでわからない用語というのがないというのが大きな魅力だ。入門書に突然出てくる用語がわからなくて挫折してしまったという人にオススメしたい一冊だ。

プログラムはなぜ動くのか――。この問いに答えるのは、簡単なようで難しい。自分の 書いているコードがマシン語に変換され、0と1の2進数で理解されていることは知ってい ても、実際にプログラムコードに対応してCPUがどんな動きをするのかをイメージできる 人 ...



 ここで紹介した本を読むことで、プログラミングを挫折してしまった人でもプログラミングがどういうものなのかが理解でき、プログラミングを勉強する方法がわかるはずだ。プログラミングについて興味や感心を持つことが、プログラミング上達への一歩である。紹介した本をきっかけにして、これまで敬遠してきたプログラミングにもう一度挑戦してみてはどうだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する