1. マネジメント上手になるためのプロジェクト管理ツール「Brabio」 -個人のタスク管理にも便利-

マネジメント上手になるためのプロジェクト管理ツール「Brabio」 -個人のタスク管理にも便利-

webでプロジェクトの進捗管理ができる「Brabio」

 「Brabio」はGoogleAppsEngine上で提供する、プロジェクト管理をベースにしたコラボレーションツールだ。従来のエクセル等の表計算ソフトを使う方法に比べて飛躍的に使いやすく、簡単な操作でメンバーとの情報共有を実現する。発売開始15ヶ月で3万社の導入を突破し、現在も増え続けているサービスだ。利用シーンは幅広く、プロジェクトを管理するディレクターなどからは絶大な信頼を得ている。

 「Brabio」は、“ガントチャート”と呼ばれるチャート形式のスケジュール帳の上でタスクを管理する。一番の特徴は、ドラッグして線を引くだけで簡単にタスクの日程が登録可能な点。また、タスクをクリックすると、関係するメンバーを招待したり、詳細情報などを登録することも。それらを登録するだけで、他のメンバーと案件を共有でき、それぞれのメンバーはコメントを記入したり、進歩状況を設定したりすることができるのだ。使い方は以下の動画を参照してほしい。

Webサイト制作での利用例

 Webサイト制作は「企画」「デザイン」「コーディング」という作業に分かれており、一つの工程で終わる仕事ではない。Brabioではタスク(線)とタスク(線)を連結させて、仕事同士をつなぐことも可能。「企画」や「デザイン」においてメインになるメンバーが違うとする。この場合、二つのタスクを登録・連結させておくと、「企画」のタスクが完了した時点で「デザイン」のタスクに関わるメンバーにメールで通知してくれる。

 現在のバージョンでは、ガントチャートにおける「進捗率」機能が改善された。各タスクを「進行中」「着手済み」「順調」などのステータスや数字による進捗率などのデータ入力が可能になり、プロジェクトの進行状況を一目で確認できるのだ。

Excelに一括で出力可能

 プロジェクト管理をする際、作業データをエクセルで管理している方も多いのではないか。Brabioで作成したガントチャートやレポート状況はMicrosoft Excelファイルに一括で出力が可能だ。プリントアウトも簡単なので、紙でスケジュールを管理したい人ともPCを持っていない方とも容易に資料を共有できる。

メンバーの動向を把握できる「あしあと」機能

 「あしあと」機能も面白い。誰が何をしたかがログにすべて残り、共有される仕組みになっている。例えば、誰かが資料をダウンロードしたら、その履歴を他のメンバーも見ることができる。プロジェクト参加者がきちんとガントチャートに目を通しているかの確認も可能。できる限り一人一人の履歴をオープンにして、モラルのあるチームにしようという意図があるようだ。

5人まで無料で利用可能

 Brabioを利用するに当たっての手続きは、代表者のメールアドレスとプロジェクトの名前を入力するのみ。1分もかからずに自分たちのチームの管理ツールが完成。サービスは5人まで無料で利用することができる。それ以上は有料プランになり、例えば10ユーザーまでは3150円、20ユーザーまでは6300円というように、必要な人数分の料金を支払えばOK。有料サービスのシェアは、ユーザー全体の3%ほどだという。2012年11月時点で3万5000社ほどがフリープランで利用しており、現在も1日に50社ほどのペースでユーザー数が増加しているようだ。

Brabioを使って仕事がデキる人になる

 いわゆる「仕事がデキる人」は仕事や時間のマネジメントが上手い。彼らは自然と頭の中にガントチャートを作成し、多くの情報を処理しているのだ。逆に「仕事がデキない」人はマネジメントが下手で、非効率なことが多い。なぜなら作業にかかる時間や効率的な仕事の流れ、自分以外の仕事状況をイメージすることができないから。そこで、後者にはぜひこのサービスを勧めたい。仕事の流れを「見える化」し、効率的な仕事の進め方を考える習慣を身に付ければ、今よりも確実に「仕事ができる人」に近づけるだろう。まずは試しに無料プランを利用してみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する
PR

生まれ変わったGalaxy S6 edgeは、最強スマホたりえるか:徹底比較インフォグラフィック


 2015年4月末より販売が開始された「Galaxy S6 edge」は、従来のGalaxyシリーズから生まれ変わり、洗練されたデザインを持つ唯一のAndroidスマートフォンとの呼び声高い。その特異な形状が一際目をひく曲面ディスプレイ「デュアルエッジスクリーン」をはじめとして、デザインの美しさに感興をそそられる。

 今回は、その高いデザイン性と心地よいユーザー体験を支えるスペックの高さにスポットライトを当て、「Xperia Z4」「AQUOS SERIE」「iPhone 6」の3端末と徹底比較したインフォグラフィックを使いながら、「Galaxy S6 edge」が最強端末たりえるのか明徴していこう。

従来のGalaxyのDNAを捨て去ったデザイン性

 従来のAndroidスマートフォンは、語弊を恐れずに表現すると「求めていないスペックの高さをやたらアピールしてくる、少し顔が劣るモブなメンズ」だ。スマートフォンを肌身離さず携行する我々が求めているのは、中途半端に高い機能性や少しばかりお得な価格ではない。スマートフォンカバーで個性なぞ出さずとも、所有感を満たせる圧倒的なプロダクトの完成度である。

 「Galaxy S6 edge」は、従来のGalaxyシリーズのDNAを一切捨て去ったデザイン性を持つ。まず、得も言われぬ高級感を醸し出す背面のアルミ削り出し加工。旧モデルの「Galaxy S5」では、革「っぽい」質感を模すマット調の樹脂だったことを考えると、ついに高級モデルたりえる形貌を備えたと言えるだろう。

 そしてガラスとメタルを融合させ、光が溢れ出すようなプレミアムフォルムを現実化した世界初のデュアルエッジスクリーン。「そんなサブディスプレイ、いつ使うの?」「奇抜性を出したかっただけじゃないの?」なんてことを感じているあなたは、このデュアルエッジスクリーンに映る画像を見たことないのであろう。この湾曲したディスプレイは、画面に映るその景観を浮かび上がらせ、画面への没入感と現実世界との一体感を創りだす。このVR(バーチャルリアリティ)を彷彿とさせる没入感は、一度その目で体験すれば、驚嘆するにちがいない。

リッチ化するコンテンツに耐えうるハイエンド端末

 生まれ変わったのは、そのデザインだけか。否、人によって好みの分かれる外見で最強端末を決めようなんて、愚にもつかない話だろう。

 端末を利用するなかでのユーザー体験において、多くを占めるのがその操作性。如何に人間のシナプスに近いレスポンススピードを出せるのか、また昨今のモバイルゲームの枠に収まらない3D中心のリッチコンテンツに耐えうるのかが肝となるだろう。

 では、それぞれの端末は、人間のシナプスに近づけるのか。総合的な性能を測ることができるベンチマークアプリAnTuTu Benchmarkによる測定の結果、トップに立ったのは「Galaxy S6 edge」。モンスターCPUというその名に相応しい結果を残した。次点は「Xperia Z4」、その後「iPhone 6」「AQUOS SERIE」と続く。

真夏でも使用可能なレベルの内部温度

 また高スペックであればあるほど、憂慮すべき項目が端末の内部温度。これからの暑い季節、端末をその手に持っていられないなんて事態になれば、スマートフォンを一瞬たりとも離さず携行する民族・「スマホ族」のあなたは阿鼻叫喚地獄に陥るだろう。

 今回は、前述のベンチマークアプリがあえて高負荷をかけて、内部温度がぐんぐんと上がっているさなか、バッテリー周辺の温度を測定するBattery Mixというアプリで端末内部の発熱温度を計測した。


 端末内部の発熱温度が最も低かったのが、「Galaxy S6 edge」の23度前後。次点は、大きく離され「AQUOS SERIE」の34度前後、そして「Xperia Z4」の35度前後と続いた。今回、内部温度の計測に対応していなかった「iPhone 6」は未計測となっている。

 今後、コンテンツのリッチ化が止まることはないだろう。そして、そのリッチコンテンツを処理するため、CPUは演算を繰り返し、発熱は避けられない。スマホ族であるあなたの手を守るためにも、内部温度の高さをスマホ選びの物差しに加えてもいいかもしれない。

カメラ性能はどうか? 特に若者に大流行のセルフィーに必須なインカメラも

 スマートフォン時代のコミュニケーションは、PC時代のそれとは大きく形を変えた。誰もがその手に高性能なデジタルカメラを持ち、テキストから画像へ、より情報量の多い表現方法へとトランスファーしたのだ。そしてそれは今後、動画へとまた形を変えていくだろう。


 そんなスマートフォン時代の必須機能、デジタルカメラの性能を比較してみよう。アウトカメラの画素数では、2070万画素の「Xperia Z4」に軍配が上がった。そして、「Galaxy S6 edge」の1610万画素、「AQUOS SERIE」の1310万画素、「iPhone 6」の800万画素と続く。

 そして、スペックを気にしてスマートフォンを選ぶリテラシー高めのU-NOTE読者は、カメラレンズの「F値」という指標を聞いたことがあるのではないだろうか。F値は、レンズの明るさを示す指標として使われており、F値が小さいほどレンズが明るく(=レンズを通る光量が多い)、シャッター速度を速くできる。このF値を比較してみると、「Galaxy S6 edge」の1.9が最も低く、先ほど画素数がトップだった「Xperia Z4」が2.4となっている。暗い場所での撮影に向いているのは、より光量を取り込める「Galaxy S6 edge」と言えるだろう。

 また、Instagramにハッシュタグを付けてセルフィー(自撮り)を投稿しているようなアクティブでクールな読者には、インカメラの性能も肝要だ。インカメラの画素数では、「Xperia Z4」が510万画素、「Galaxy S6 edge」が500万画素とほぼ互角、一方「AQUOS SERIE」と「iPhone 6」は、それぞれ210万画素、120万画素と少し物足りない印象。

 このように「Galaxy S6 edge」「Xperia Z4」は、もはやスマートフォンカメラと言っても過言ではない性能を備えているが、主な利用シーンや使い方によって、最適なカメラは変わってくるだろう。


 日常の利用シーンで求められる主要な機能を抜粋し、4端末を並べ比較してみたが、結果はこの通り。現・最強Android端末、いや最強端末は、「Galaxy S6 edge」と論結せざるを得ないだろう。今回は、スペック面をただひとり誇っている「モブなメンズ」なわけではない。最たる個性は、そのデザイン性と言い切る識者がいてもおかしくないほど、完成度の高い、世界最強のスマートフォンの一つだろう。




(今回のデータ測定方法:同じ室温の部屋内で、全て初期の状態で起動させ、端末内部温度を測定するBattery Mixをダウンロードし、裏で立ち上げ、ベンチマーク測定アプリAnTuTu Benchmarkによる計測を連続して3回行い、そのパフォーマンス平均値と最高温度をインフォグラフィックのデータとして用いた。)

Infographics by Matsuoka Yuzuru(@naniaji)

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

SEO対策を無料ですることができる3つのツール

by SEOPlanter
 Webサービスやサイトを運営するにあたって重要になるのが、検索エンジンでなるべく良い順位にサイトを載せることです。そのためにはSEO対策を行う必要があります。ここでは、SEO対策を無料で行うことができるツールを紹介したいと思います。

1.SEOチェキ!

 URLを貼るだけで簡単にSEOに関する情報を取得、調査することができます。検索スピードも速く、時間に追われずに必要な情報を取得することが可能です。「サイトSEOチェック」と「検索順位チェック」は1つのIPアドレスあたりに一日200回までと利用制限はありますが、その他のツールは制限無く利用できるとても便利なソフトです。「サイトSEOチェック」ではソーシャルブックマークへの登録数や内部リンクや外部リンクの発リンク数などが検索でき、「検索順位チェック」ではYahoo!やGoogleでの検索順位を3つのキーワードで検索することも可能となっています。

2.FerretPLUS

 無料ユーザー登録をするだけで色々な機能が利用できます。URLやキーワードを登録するだけで、Yahoo!やGoogleなど最大3サイトまで検索順位やSEO実績順位を確認することができます。また日々の推移データを管理することもでき、一度設定してしまえば、自身での毎日のチェックが必要なくなるとても便利な機能もあります。他にも上位表示サイトをチェックできたり、キーワードのアドバイスとして、良く利用される組み合わせが分かるツールなど幅広く対応しています。

3.SEOエボ

 「検索順位チェック」では、検索エンジンでの最大5つのキーワードまで設定することができ、「総合SEO診断」ではかなり幅広くSEO診断に対応しています。これらは全てフリーで行うことができますが、無料の会員登録をするだけで、さらに使える機能が増え、本格的なSEO対策に万全のツールとなっています。またサイトにはSEOに関する基礎知識なども紹介されており、このページだけでもSEO対策に関するかなりの知識を得ることもできるでしょう。


 ここでは、無料でSEO対策ができることができるツールを紹介しました。SEO対策をすることで多くの人にサイトを閲覧してもらうことができますので、ぜひツールを使い、SEO対策に取り組んでみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する