1. 20代の仕事ぶりで未来が決まる!昇進するために必要な考え方は企業規模によって異なる

20代の仕事ぶりで未来が決まる!昇進するために必要な考え方は企業規模によって異なる

将来有望な人材の見極めは20代で始まっている

 将来有望な若手人材の見極めは、すでに20代半ばで始まっている。新卒入社後、多くの企業ではジョブローテーションと呼ぶいろんな部署を経験させる計画的配置と育成を通じて優秀な人材の発掘を行っている。例えば、NTTドコモは入社後に数カ月のドコモショップでの研修をはじめ各支店で顧客対応などの現場を経験する。その後本社に戻し、さまざまな部署での業務を3年間経験した後、再び支店業務やグループ会社への出向などによる3年間の実務を経験させている。

 あるいは大手総合商社のように、選抜した若手社員を対象に研修を兼ねて半年間の海外勤務を経験させるところもある。また、商社に限らず近年はメーカーもグローバル拠点づくりに乗り出しており、グローバルに活躍できる人材の発掘を重視している。医療機器メーカーのテルモは、2008年からBRICsなどの海外駐在員候補生を公募し、合格者は本社の経営企画室などの担当部門でビジネスや輸出入業務を学習した後に派遣される仕組みにしている。

 新入社員は入社した時から昇進すべき人材かどうかを見定められているのだ。ではいち早く上司にアピールし、昇進するためにはどのような心構えでいればよいのだろうか?

昇進のカギは若手の特権を活かすこと

 企業が求めているのは今までの常識にとらわれないチャレンジ精神の持ち主であり、加えて若手であっても決断力がある人だ。また管理職ではないにしても、少人数のチームの中でもリーダーシップを発揮するなど、成長への期待を抱かせる潜在能力を持った人材を会社は求めている。

 若い間に勝負を仕掛けて来なかった人間は歳をとるたびにより保守的になっていく。そういった人たちは口出しはするが実際には行動できない。そんな人に昇進という未来はない。若い時だからこそリスクを取り、勝負を仕掛ける姿勢を見せることが重要だ。もちろん無鉄砲ではなく、しっかりと物事を分析し考える力が求められる。

企業規模によって判断基準は違う

 大手企業の多くは配置や育成により資質を見極めようとするのに対し、ビジネスモデルの変化が著しいIT産業や中堅企業では年齢や経験は関係なしに早い段階で重要な仕事を任せることで、優秀な人材かどうかを見極めようとしている。従来の経験が通用しないIT系企業など、若い人の感性に期待し、新しい価値を生み出す産業においては、極端に言えば入社後2~3年程度の社員に権限と責任を与えて重要な仕事を任せ、実際の仕事の成果を見て大胆な抜擢人事を行っているのだ。

 中堅・中小の場合、従業員数も少なく、上層部との距離が近いこともあり、20代後半から30代前半になると、優秀な人材はしきりに社内でも名前が登場するようになる。実際に社長の右腕としてかなりのことまで任されることも珍しくない。肩書は主任クラスでも社長や役員のお気に入りということで社内でも一目置かれるような存在になる。

 役所のような組織になると、年功序列が絶対的なルールになる。このため、どの部署においても上司と部下の年齢差がほぼ同じになるよう、パズルのような組み合わせを緻密に構築して機械的に人事を決めている。銀行も同じような感じだ。人事部にほとんどの情報が集中して、その中で異動を決めてしまうところが多い。


細かい気遣いができる人は評価される

 一見当たり前と思われることを確実にこなしていくことも大切だ。では具体的にどのようなことに気を付ければよいのか。いかに挙げていく。

その1 手柄はすべて譲る
その2 服装は控えめだが結果を残す
その3 雑用が丁寧で速い
その4 最初に失敗し、それを活かす
その5 締め切りは、死んでも守る
その6 ヒソヒソ話は一切しない
その7 退職者を裏切り者扱いしない
その8 訪問先の秘書や受付の人に対して丁寧に接する
その9 経理部からの評判がいい
その10 打ち合わせのあと、会社の玄関まで送る

<出典:出世して年収がUPする人の20の共通点@ダイヤモンド社>

外資系で働く若手のタブー

 外資系になると話は変わってくる。外資系の場合は、人事部がほとんどの人事を決めるというところは極めて少ない。採用から昇進まですべて直属の上司に権限があるというところが多いのだ。ヘタをすると部門間の異動すらないところもある。そうなると、昇進できなければ、辞めるしかなくなってしまう。社風も日本の会社とは大きく異なっている。外国の会社はオープンで気さくなイメージがあるが、実際にはその真逆であることも多い。

 日本では部下が会社の方針に不満を持って上司に意見を言う光景はよく見られる。最後は上司が「お前の言うことは分かった。俺も不満なんだが、もう少しがんばろう」などといって飲みに行ったりする。だが外資系の会社では、この行動は即クビになるほど危険な行為となりかねない。

「外資系の会社では会社の方針や上司の支持は絶対です」
「これに対して意見を言うというのは、会社に宣戦布告したも同然とみなされます」

 これらの言葉は禁句だ。文化が異なると、会社のルールもまったく違うものになってしまうようだ。

まずは自分が置かれている環境を理解する

 会社や組織にとって人材の判断基準が違うことが求められることを述べた。本気で昇進を目指すなら、自分が置かれている業界、人間関係を熟知し行動に移していくことが必要だ。どの業界でも求められる若手への能力としては、まず人付き合いが上手であることが挙げられる。上司に可愛がられれば仕事も丁寧に教えてくれるだろうし、仕事以外でも積極的に面倒を見てくれるだろう。いわゆる「ごますり」も理にかなった行動なのだ。

 しかし、あまりにもあざとい行動は慎んだ方がよいだろう。同僚からの反感を買う可能性もあるかもしれない。真面目に仕事をしながら、昇進に対して貪欲に、戦略的な考えを持つことが一番の近道なのだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード