1. Chromeの「タブ」を圧倒的に使いやすくする3つの拡張機能

Chromeの「タブ」を圧倒的に使いやすくする3つの拡張機能

 現在、Internet Explorerに次いでシェアが第2位のGoogle Chrome。最近使い始めたという方もいるのではないだろうか。Google Chromeは様々な拡張機能が追加することができ、その拡張機能を追加することでより使いやすくしていける。

 ただどのような拡張機能があって、どの機能が良いのか分からない人もいるだろう。そこで「タブ」に焦点を当て、使いやすくする拡張機能を紹介していく。

Bookolio

BookolioはChromeの新規タブページをより便利に使えるようにカスタマイズする拡張機能。ブックマークや頻繁に訪れるサイト、切り替えも簡単な検索エンジンへのインスタントアクセスを可能にしてくれる。Bookolioの特徴は、ブックマークバーやその他のブックマークを含むすべてのブックマーク、頻繁に開くサイトへのクイックリンクを、一つのページに集約してくれるというところ。また、Booklio下記の3点のみ設定変更が可能。

1.タブを開いた時の検索エンジンの設定
2.検索エンジンのアイコンの表示/非表示
3.ブックマークのファビコンの表示/非表示

Startpage giving instant access to bookmarks, applications, recently closed tabs, most visited sites and over 20 search engines.

Tab Sugar

 Tab Sugarは、開いているタブをサムネイルで表示し、タブをまとめてグループにできる機能。グループでまとまったタブを表示したり、非表示にしたりできるので、数多くタブを開く人には便利な機能になっている。詳しくは下記の動画を見ていただきたい。

 グループ化の作業は、展開されたウィンドウ内にグループのスペースを作成し、そこにタブをドラッグ&ドロップで移していく。作業用のキャンパスやグループのスペースはウィンドウの枠を越えて広げられるので複数のグループを作成したときの表示は圧巻だ。またサムネイルをドラッグしたり、グループの枠を拡げたり、小さくしたりとUIの編集が可能。

Organize and manage your tabs from a single page!

Tab Wrangler

 パソコンのメモリを節約するために、開いたまま使ってないタブは閉じたほうが良い。不必要なタブをどんどん開いてしまったり、使い終わったタブを閉じ忘れてしまうという方に対してピッタリの拡張機能がある。それが「Tab Wrangler」。「Tab Wrangler」は、使わないまま一定時間が経過したタブを自動的に閉じてくれる優れもの。閉じたタブはいつでも再表示が可能で、タブの固定もできます。



 今日紹介した拡張機能を使えばタブの整理が簡単にできるようになる。まだ知らなかったという方は、ぜひインストールして使ってみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する