1. 上司との飲み会や接待で大活躍すること間違いなし!話題の渋谷の日本酒ダイニング「sakeba」とは?

上司との飲み会や接待で大活躍すること間違いなし!話題の渋谷の日本酒ダイニング「sakeba」とは?

 接待や上司との飲み会のお店を決める際に、悩んでいる方に良いお店がある。そのお店とは ネットで話題になっている居酒屋「sakeba」だ。sakebaは「渋谷の日本酒ダイニング」というコンセプトのもと、日本一の日本酒の品揃えと最高の小料理を目指している居酒屋。決して敷居が高いというわけでなく、入りづらい雰囲気はない。

 20代のビジネスマンは自分より目上の方との接待などの際に大活躍するだろう。下記のマイナビニュースを見ていただきたい。

 “「お正月に限らず普段から日本酒を飲んでいるか」との問いには、全体の63.4%が「よく飲む」「ときどき飲む」と答えた。世代別に見ると、20代や40代で飲用頻度が高い傾向がうかがえた。同社では「世間でよく耳にする"日本酒=おやじの酒"といったイメージとは異なる。昨年16年ぶりに日本酒の出荷数量が前年を上回った背景には、日本酒が若い世代においても日常の酒として選ばれつつある可能性がある」と分析している。”

<出典:正月に飲む酒、20代は「日本酒」が首位。20代と40代「日常的に飲む」が7割>

宝酒造は11日、「お正月の酒に関する意識調査 2012」の調査結果を発表した。 ... 正月 に飲む酒20代は日本酒が首位20代と40代日常的に飲むが7割. エボル [2012/ 12/13]. 印刷 ...

 マイナビニュースを見ると分かるように、日本酒=おやじの酒ではなくなってきた。50代〜60代が飲むだけのものでなく、20代〜40代も日常的に飲むようになった。日本酒に関心のある方が増えてきているである。接待や上司との飲み会に「sakeba」を使ってみてはいかがだろうか。ここから「sakeba」を使うメリットを紹介していく。

スタッフの丁寧な説明

 「sakeba」には随時50銘柄以上の日本酒が取り揃えられている。普通であれば、50銘柄以上もあると、どれを飲めば良いのか迷ってしまう。しかし、「sakeba」は スタッフが丁寧に説明を添えてくれる選択肢の多さが魅力になっている。

 例えばスパークリング日本酒など他では置いていないような日本酒が多くある。相手も、今まで飲んだことのない新たな日本酒とも出会えるので、喜んでくれることだろう。

リーズナブルな価格

 日本酒を多く取り揃えている店と聞くと、「値段が高そうだなー」と思ってしまう人が多いだろうが、sakebaは日本酒120mlを440円から提供され、料理の値段も380円からと非常にリーズナブルな値段になっているので、気軽に利用できる。急な接待の際も、安心して利用可能だ。

雰囲気の良さ

 渋谷の新南口から程近く、渋谷の中心地から少し離れた場所にある「sakeba」。店の雰囲気はこぢんまりとしていて、落ち着いて会話することができるのもオススメ。また居心地の良い雰囲気になっているので、一度だけでなく続けて通いたくなってしまう。



 最近、リニューアルをしたばかりということで、接待や上司との飲み会の店をどうするか迷われた際は、ぜひ「sakeba」に行ってみてはいかがだろうか。

ただいま、ウェブサイト準備中です。 しばらくお待ちください。 アクセス、店舗情報は上記 リンクからご覧ください。 アクセス. 大きな地図で見る. 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3 -15-2 コンパルビル 7F 03-6427-9142. 渋谷駅 新南口 徒歩3分 渋谷駅から368m.

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する