1. 周りの意見に流されずに、“自分”を持つための3つの方法 - 「全ての人と仲良くなる考えを捨てること」

周りの意見に流されずに、“自分”を持つための3つの方法 - 「全ての人と仲良くなる考えを捨てること」

 友達などと何か物事を決める際に、相手が言ったことに同意してしまう。または、自分の意見を述べられずに渋々、周りに付いて行ってしまうということがあるのではないでしょうか?そこで今回は、周りの人の意見に左右されずに自分の意見を述べるためのの3つの方法を紹介したいと思います。

1. インプット量を増やす

 自分の意見が言えない人というのは、自分の意見を考えるべき材料が少ないのです。ある物事に対して考えるべき材料が少なければ意見を述べることができないし、周りの意見に従うようになってしまいます。なので、考える材料を増やすためにインプット量を増やしていくべきです。その方法として読書などは非常にオススメの方法として挙げられます。

 読書は内容を咀嚼して考えながら読み進めていかなければなりません。だからこそ、考える力が身に付きやいのです。また新聞のように内容が堅苦しくないものを選べばスムーズに読み進めていくことができます。いきなり新聞を読んで、意見を出すみたいなことはハードルが高いと思うので、まずは気になる本を読んで感想を持つことから始めてみると良いでしょう。また、その感想を友達に言ったりすることで、さらに深く自分の考えを知ることができるのです。

2. 誰とで友達になる考えを捨てる

 人間は自分と意見の異なる人に好意を持つ人物は少ないです。だからこそ、嫌われたくないと思い、自分の考えを押し殺してしまうのです。しかし、全員に好かれることが幸せなのでしょうか?きっと仲良くしている人というのは限られていると思います。出逢ってきた人達、全員と仲が良いわけではないと思います。それで良いのです。

 その仲の良い人達というのは、自分の意見に共感してきた人達なのです。そういう人達とだけ信頼関係を結べば良いのです。そもそも全員と仲良くなろうということが無理なので、全員から良く思われようという考えは捨てましょう。

3. 「同調」=「協調」だと勘違いしない

 人は周りの人の意見に従ってしまう時に考えてしまいがちなのは、意見に同調することが協調していることだと勘違いしていることです。しかし、それは大きな間違いです。協調とはお互いの意見の相違を認め合ってるからこそ、協調できるのです。

 きっと、皆さんがやっていることは「妥協」だと思います。相手の意見とは違ったことを言うと、協調性がないと思われるから、意見を言わないでいる状態は妥協なのです。つまり、妥協というのは「馴れ合い」でもあるのです。そこの勘違いをなくすことが非常に重要です。協調とは意見の相違があってこそなのです。

 自分の意見を述べずに、日々を過ごすことは非常に勿体ないです。しっかり自分の意見を述べられるようになるために、今回の3つのポイントを意識して、自分の意見を言えるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード