1. 【6分でストレスが3分の2以上軽減】読書が持つ驚くべき効果、アルツハイマー予防やビジネスシーンにも

【6分でストレスが3分の2以上軽減】読書が持つ驚くべき効果、アルツハイマー予防やビジネスシーンにも

わずか6分間の読書でストレスを大幅軽減

 イギリスのサセックスにある大学で、心拍数などから読書・音楽視聴・1杯のコーヒータイム・テレビゲーム・散歩それぞれのストレス解消効果を検証したところ、読書は68%・音楽試聴は61%・コーヒータイムは54%・散歩は42%・テレビゲームは21%ストレス解消効果が現れたそうだ。また、静かなところで読書を行えば、わずか6分間で60%以上のストレス解消効果を得られるとのこと。
 ただし、本を読むこと自体が重要なのではなく、本を読んでいる時間は現実世界のことを忘れてしまうくらい夢中になる事が重要であり、本の内容に没頭しないと効果が最大限に得られない。

 この記事での研究では、読書が最も効果的という結果がでたようだが、要するに何か夢中で没頭できるものが最もストレス解消効果があると見て取れるため、活字嫌いの人はほかに没頭できるものを行えばいいのかもしれない。

読書は大脳のトレーニングだ

 本の世界に没頭しているとき、それは単純にストーリーを追っているとういわけではないそうだ。本を読み想像することで大脳は想像したことを実際に経験したときのように活性化するという。想像力だけで、脳が活性化するとは大げさな話にも聞こえる。しかし、読書中の脳の様子をMRIでスキャンしたところ、本の中の景色や音、においや味を想像しただけで、大脳のそれぞれをつかさどる領域が活性化し、新しい神経回路が生まれたという。

 つまりこれは読書を通して、大脳が実際に本の中のことを経験したかのような働きを見せたといことである。テレビやゲームでは同様の現象は起きない。

アルツハイマー病の予防にもなる

 専門家が認知症の症状が出ていない60才以上の脳を調べたところ、幼い頃から読書、将棋をたしなむなど大脳を刺激するような生活を送っていた人は脳内のベータアミロイドが非常に少なかったそうだ。だが、これらの活動をしていない人は脳内に多量のベータアミロイドが存在したそうだ。

新しい表現方法を体得し、ビジネスに活かす

 自分が課題を抱えながら本を読んでいると、そのヒントになる事柄が心に引っかかる。時にはズドンと直球で答えが書いてあったりする。それに気が付いても、実践して自分のものにしていかなければ意味がないので、それを見つけたこと自体を喜んでばかりいるのもいけないが、もやもやとしていることがすっきりする気分になることも本当に多い。

 本を読みながら、仕事のアイデアが湧いてくることも頻繁にある。そのとき、不思議と本の内容とは関係のないアイデアがふっと出てくる。何で今このことを思いつくんだろう、というタイミングで湧いてくる。でもそれはそのときに本を読んでいたから出てきたものだ。ボーっとしていたら、湧いてこなかったものだ。

読書には他にもさまざまなメリットがある

 このほかにも、「物語を通じて他者の感情を体験することにより、相手の感情を推し量ることができるようになりコミュニケーション力がアップする」、また子どもについては「読書習慣のある子どもは集中力が増す」、「物語の展開を想像することにより論理的な思考力がはぐぐまれる」という研究結果もあるそうだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード