1. 年収1000万以上のビジネスマンは余暇に読書・勉強・運動をする~できる人の朝活とは?~

年収1000万以上のビジネスマンは余暇に読書・勉強・運動をする~できる人の朝活とは?~

年収1000万円ビジネスマンの朝活経験率は6割以上

 年収1000万円以上のビジネスパーソンを対象とする転職サイトを運営するビズリーチが、登録会員を対象に実施したアンケート調査によると、始業前の時間を利用して勉強、運動、仕事の準備、読書などの「朝活」の経験者が6割に上ることが分かった。調査は、2013年5月14日~5月20日に、転職サイト「ビズリーチ」登録会員1995人を対象に実施した。調査結果によると、

 「現在朝活を行っている」(37%)
 「以前行っていたが現在は行っていない」(24%)

で、「朝活」の経験者は61%だった。

朝の時間を使って仕事の準備や運動をする

 朝活の内容(複数回答)では、

 「メールチェックや仕事の準備をする」(71%)
 「新聞やネットでニュースをチェックする」(68%)
 「本や雑誌を読む」(36%)
 「資格や語学、仕事に役立つ勉強をする」(32%)
 「運動する」(30%)

 これらが3割を超えている。また、朝活を行っているビジネスパーソンのうち、通常の起床時間に比べて1時間以上早起きをしている人の割合が約半数(47%)だった。朝活 を始めて良かった点(複数回答)を聞いたところ

 「時間を有効に使えるようになった」(78%)
 「生活のリズムが整った・体調がよくなった」 (56%)
 「仕事がはかどるようになった」(40%)

などが挙がった。

朝は頭が冴える「ゴールデンタイム」

 朝の時間は一日の中で最も頭が冴え、集中力・やる気・思考力が高い「ゴールデンタイム」である。記憶は、睡眠をとっている間に整理・定着する。朝起きた時の脳は、新しい情報がどんどん入るクリアな状態になっている。また朝の時間は、ドーパミンやアドレナリンなどの脳内物質が大量に分泌され、集中力ややる気を生み出す。科学的見地からも、朝勉強することは、とても効率が良いことが分かっているのだる。

朝勉強することで学習習慣をつける

 朝勉強することは「学習習慣を身につける」ために適した時間帯だ。仕事が始まると、勉強に当てる時間はとても少なくなる。むしろ多くの人が勉強をしなくなってしまう。そこで、学習習慣をつけるのに適した時間が朝である。上でも述べたが、この時間帯は頭が冴えており、思考力・創造力を使う勉強が効果的だ。忙しいと言い訳し、勉強から離れてしまう人と、毎日少しずつでも勉強をする人。1年後には大きく差が開いてしまうだろう。

様々な朝活のスタイル

 朝起きて個人で勉強するのもいいが、朝から人と会って会話する朝活も有効だ。facebook等のイベント紹介サイトで、朝活に関してアナウンスしている例も少なくない。同じ業界で働く人や同じ目標を持つ人同士が集まれば、有効な意見・情報交換の場となる。また活力のある人たちの中にいれば、今日もがんばろうという気持ちにもなれるだろう。
 ここで言いたいのは、高収入を得ている人たちはとにかく時間を有効に使っているということ。夜型の人もこの機にいつもより早く起きて、勉強や運動をしてみてはいかがだろうか。

1日のスタートである朝を充実させて豊かなライフスタイルを実現したい方々へ向けた、「 朝」という時間軸をテーマとした国内最大級のポータルサイト。簡単朝ごはんレシピや 目覚めすっきり術など、ちょっと憧れの朝型生活のためのヒントが満載です.

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する