1. 仕事がデキる人は休日の過ごし方が違う! - 業務の生産性を高めるためのリフレッシュ方法

仕事がデキる人は休日の過ごし方が違う! - 業務の生産性を高めるためのリフレッシュ方法

みなさん、金曜日や土曜日に会社の人や友達と飲み行って、次の日が二日酔いのまま過ごしてしまい、全く疲れがとれずに、1週間仕事をするような習慣の方が多いのではないでしょうか?そこで今回は月曜日から生産性の高い仕事をするための、休日の過ごし方をまとめて紹介します。

1. 夕方にはお風呂に入る

早めに家に帰宅し、お風呂に入ることを心がけましょう。外が暗くなる前のお風呂というものは、旅行に来たような気分を味わえて、非常にリラックスでき、良い気分を味わえます。

また、早めにお風呂に入っておくことで夜の時間に余裕を持つことができ、自分が最もリラックスできることに時間を使うことができます。例えば、一人でお酒を飲みながら、DVD鑑賞をしたり、自分の好きな本を読むまどです。もうすでにお風呂に入ってあるので、いつでも寝ることができるのです。早めにお風呂に入って、夜の時間に余裕を持つようにしましょう。

2. ネットと接続しない

日々の業務で沢山の時間、TwitterやFacebookなどに繋がっている時間は多いので、休日はネットの接続を切って過ごすことで気分転換ができます。SNS疲れという言葉があるように、ネットとずっと繋がっている意識を持っていると、精神的にも疲れが溜まってしまいます。

もし、なかなか難しくて出来ないという場合は、午前だけなど時間を限定するところから始めてみると良いでしょう。そうすれば徐々に時間も伸びてくるはずです。休日の時間はネットと接続せずに過ごしてみてください!

3. 生活リズムを崩さない

休日だからといってハメを外して生活リズムを崩してはいけません。けじめがついていないと体がだるくなってきて、月曜日からの仕事に支障がでてきます。

早寝、早起きをして、きっちり三食食べることを心がけましょう。意外と簡単なように見えて難しいものです。休みの日だからハメを外して遊んだりするのではなく、休日の時こそ規則正しい生活をすることを心がけましょう。

月曜日から一週間働くのに疲れを残していたら、本末転倒です。今回伝えた内容を参考に、自分なりの休日の過ごしで、疲れをとって仕事に臨んでください!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する