1. アポ獲得の確率をグッと上げる、テレアポで重要な4つのコツ - トップアポインターが実践していること

アポ獲得の確率をグッと上げる、テレアポで重要な4つのコツ - トップアポインターが実践していること

 営業を始めるときに必ずやることと言えば、テレアポだと思います。ただ、テレアポで全然アポが取れなくて悩んでいるという方は多いのではないでしょうか?そこで今回は、テレアポでアポが簡単に取れるコツをまとめて紹介したいと思います。

1. 情報屋になる

 テレアポの際に、自分が理解もしていない商品の説明をされた所で、相手は絶対に理解してくれません。まずは、自分が扱う商品に対して知識を深めなければなりません。また、自分が説明することだけがテレアポではないので、先方から質問もされます。その時に、サッと答えられるようにはしておきます。

 さらに、余裕があれば業界全体についての知識を持っておくことも重要です。テレアポの際に、先方の業界などの面白い知識を持っていれば、その情報に興味を持ち、会ってくれる可能性も高くなります。色々な情報を持っておいて損になることは無いので、情報をインプットすることを心がけましょう。

2. 時間帯を意識する

 テレアポの成功率は時間帯を意識するだけで、確実に変わってきます。テレアポする時間が12時や13時の間だと担当者もお昼に出かけたりしていて、会社にいることは少ないです。また、夕方の17時くらいにかけても向こうは仕事を終わらせようとしたりしていて、上手く取り合ってもらえません。

 狙い目の時間は朝などがオススメです。朝は基本的に出社して何時間かは会社にいることが多いので、電話をかけると担当者に繋げてくれることが多いです。担当者の気持ちに立ってみて、どの時間帯が良いかを考えてテレアポしてみてください。

3. 商品説明ではなく、導入事例を述べる

 テレアポの際に避けなければならないのは、ダラダラと商品の説明をしてしまうことです。お客様は興味のない説明を聞くことは苦痛です。そうではなく、その商品を使うとどんなメリットがあるかを話すことに注力すべきなのです、しかし、お客様は電話越しで商品説明を求めてきて、聞いた後に、「今は必要ありません」と言って電話を切ってしまいます。

 お客様が電話で商品説明を求めるのは、断る口実を作るためです。営業マンは電話で商品説明は出来ればしたくないけれども、全くしないわけにはいきません。そういう場合には、導入事例に話をすり変えていくことが大事です。導入事例を話すことで、商品の概要も説明でき、商品を使うことのメリットも伝えることができるのです。テレアポの時は、導入事例を意識的に話すことにしましょう。

4. 「今、少しお時間よろしいでしょうか?」とは言わない

 「今、少しお時間よろしいでしょうか?」とテレアポの時に言ってしまう人が多くいます。「少し」というのは、どれぐらいの時間を指すのか非常に曖昧なのです。実際にはだらだらと話を延ばされてしまう可能性もあるので、担当者は「今は、忙しい」と言って断ってしまいます。

 そこで、「今、少しお時間よろしいでしょうか?」ではなく、「今、1分ほどよろしいですか」と具体的な時間を示しておけば相手も「そんなに長話にはならないだろう」と判断し、話を聞いてくれます。数字を出して、相手にイメージさせてあげましょう。

 テレアポは常に相手のこと意識しなければならないので、相手の立場にたって物事を考えることが重要です。今回、お伝えしたテレアポのコツを使って周りの営業マンに差をつけて、良い成績を残しましょう!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する