1. ビジネスマンが知るべき時計の選び方、4つのポイント - 「文字盤の色は白か黒」

ビジネスマンが知るべき時計の選び方、4つのポイント - 「文字盤の色は白か黒」

■ビジネスマンが知っておきたい時計の選び方

ビジネスマンとして仕事をしていく上で、時計は必須アイテムになります。しかし、どういった時計を買えば良いのだろうか?と悩む人も多くいると思います。そこで今回はビジネスで使える時計を選ぶポイントをまとめました!

1. 文字盤の色は白か黒

 ビジネスウォッチは、基本的に文字盤は白か黒を選ぶべきです。白か黒であれば、相手に嫌な印象を与えることはありません。よく、カラフルな時計をしている人がいますが、あれはよくありません。オンとオフを切り分けられてこそビジネスマンです。時計もオンとオフを分けられるようにしましょう!

2. 針は2針〜3針

 ビジネスウォッチはシンプルさこそ命です。時計の針が多く、ごちゃごちゃしていては、時間がパッと分かりません。また見た目も爽やかな印象を演出してくれるので、相手への印象が良くなります。ですので、基本、針は2針〜3針がオススメです。

3. 日付表示が付いている

この機能は、今日が何日かがすぐわかるようにするため。今日が、何月何日かが明確にわかるものがある人は不要であるかもしれないが、「今日何日だっけ?」と聞かれて即答できない人には必須の機能。上司の方に聞かれたときにスッと答えられることができれば評価も上がる。聞かれた際にスッと答えられるように 日付機能がついている時計を選ぶべきだろう。

4. クォーツ・電波時計を選ぶ

機械式はクォーツに比べた場合に、数分程度の誤差が生じたり、マメに時刻合わせが必要だったり、3~5年程度でオーバーホールが必要になり、そのコストが数千円~数万円かかる、磁気に弱い等のデメリットが多くある。クォーツ時計は、月に数秒程度の狂いがあるかもという程度で、ほぼ正確。これが電波時計になると、一日数回標準時にあわせるため、ほぼ狂いゼロでいられる。やはり、ビジネスマンにとって時間はとても大切。ぜひ、時間の正確さにも気を配ってみることも大切だろう。

時計はあくまでビジネスマンのアイテムの1つだからこそ、細かい所にまで気を配って他の人とは差を生み出したいところ。ぜひ、今回のまとめを参考に時計を選んでみてください!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード