1. 【イベント主催者必見】アンケートの質・回収率を上げる7つのテクニック

【イベント主催者必見】アンケートの質・回収率を上げる7つのテクニック

7つのテクニックでアンケートの質、回収率を上げる

 セミナーやワークショップなどのイベントにおいて、アンケートは参加者の意見や考えを知る大切なツールである。参加者からフィードバックを得ることで、イベントの質を上げていくことができる。しかし、アンケートをとりたいというのはあくまで主催者側の気持ちであって、参加者にとっては大抵煩わしく感じるものである。そのため、参加者の方々が丁寧に記入を行い提出してくれることはあまり多くない。そこで、ここではセミナーやワークショップでアンケートの回収率を上げる7つのテクニックを紹介する。

1. 分量は1枚程度で、事前に取れる情報は事前に取る

 アンケートの分量が多いと、書く側が飽きてしまう。アンケートの文量は1枚から〜1枚半程度にして、名前やメールアドレス等、あらかじめ事前に取れる情報はしっかりと事前とっておくと書く分量が少なくて済む。

2. 重要度が高い質問はアンケートの序盤に持ってくる

 アンケートは後半に行けば後半に行くほど、書き手は面倒くさがり適当になる。主催者として欲しい情報を収集する質問項目は、なるべくアンケートの最初の方、せめて中盤辺りまで持っていくべきである。その場合、アンケート全体を通して一貫性があることを意識することが重要である。

3. アンケートは参加者の目にとまるところに配置する

 あらかじめアンケートの存在を参加者に意識させておく。配布資料の中に紛れ込んでいるとアンケートの存在に気づかないこともしばしばある。参加者の机の上の一番目のとまるところに置いておき、横にペンも添えておけば、いざ記入するときにすぐ書き始めることができる。

4. 回収はスタッフが机までとりに行く

 こうすることでアンケートの回収率を上げると同時に、参加者自信に「アンケートを出さなきゃ」ということを意識してもらえる。

5. 休憩とアンケートの時間は分けて設ける

 アンケート記入は目的を持った1つのコンテンツである。講演が終わり「アンケートの時間です」と司会のアナウンスが流れた時に、参加者がお手洗いに席を立つ…そんなことを減らすためにも、休憩の時間は休憩の時間をしっかり確保し、参加者が全員座った状態でアンケートを記入する時間を設ける。

6. 音楽をかけて雰囲気を変える

 熱のある講演を聞いた後は、参加者は浮き足立つ。音楽をかけ雰囲気を変えることで、しっかりと落ち着いてアンケートに向かうことができる。

7. 「アンケート」という名前を使わない

 例えばタイトルを「参加者の声」として「次回のイベントをより質の高いものするために、皆様の感想を募集しております」という序文をつけるだけで、参加者自身の重要感を刺激することができる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード