1. 基礎から分かる!プログラミング講座 - 「プログラムの構造は、順次処理、分岐、繰り返しの3種類のみ」

基礎から分かる!プログラミング講座 - 「プログラムの構造は、順次処理、分岐、繰り返しの3種類のみ」

■基礎から分かる!プログラミング講座

世の中に存在するプログラミング言語

<コンパイル型言語>

c, c++, c#, Visual Basic, Java COBOL, PowerBuilder, Pascal, FORTRAN
コンパイル型言語は、コードを書いたらコンパイル作業しないと実行できない。

<インタプリタ型言語>

PHP, Ruby, Perl, python, JavaScript
インタプリタ型言語は、コンパイルする必要がない。コードを書いたらすぐに使える。

プログラミングの基礎をPHPで説明

<プログラムの構造は基本的に3種類しかない>

1. 順次処理
2. 分岐
3. 繰り返し

1. 順次処理

1つずつ処理を行っていく。実習すると下記のようになる。

2. 分岐

条件によって処理を変える。実習すると下記のようになる。

3. 繰り返し

同じ処理を繰り返す。実習すると下記のようになる。

Twitterボットを作ろう

プログラムを実行すると、現在時刻をつぶやくボット。必要なコード量は下記の程度くらいになる。

<ボットの作成手順>
1. ボット用のTwitterアカウントを作る
2. Twitterのdeveloperに登録して、OAuth用の認証コードをもらう
3. 認証用プログラムファイルもダウンロードする
4. PHPプログラムを書く
5. 実行する

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード